AnTuTu Benchmarkがバージョン8.0.1-OBにアップデート!v7系との違いに注意

ベンチマークアプリとして有名でよく使われている『AnTuTu Benchmark』がバージョン8.0.1-OBにアップデートしました。これまでの7.xからポイントの算出方法が変わっており、同じ端末でも結果が大きく異なります。

Google playAnTuTu Benchmark
AnTuTu Benchmark
制作: AnTuTu
価格: 無料

ダウンロード

ポイントが大きく変化

左:v7.0.7 右:v8.0.1-OB

上の画像のベンチマーク結果はUMIDIGI Xのものです。v7.0.7では142,604点だったものがv8.0.1-OBでは167,331点と変化してます。他の例だと、35万点ほどだったXperia 1が41万点でした。全体的に高ポイントになるようです。

ベンチマーク結果は多くのサイトで掲載されていますが、その結果がv7系なのかv8系なのか、比較する時には注意が必要そうです。結果の画面はバージョンが書かれていますが、基本的に青色で似ているのでよく見ましょう。

Playストアの説明では、v8では以下のようになっているとのことです。

  1. CPU:テストアルゴリズムのアップグレード、ARMの新しいTri-Clusterアーキテクチャのサポートの最適化、およびストレス分布の調整。
  2. GPU:Vulkanテクノロジーを使用してネイティブに開発された高ストレスゲームを実行する際に、携帯電話のGPUパフォーマンスをテストする新しいVulkanシーン「Terracotta Warriors」を導入します。
  3. GPU:「コーストライン」シーンをOpenGL ES 3.1からVulkanにアップグレードして、中〜高のストレス下でのGPUのVulkanゲームパフォーマンスをテストします。
  4. MEM:ハードウェアダイレクトI / Oとシステムファイルシステムパフォーマンスの両方をテストするために、MEMORYシーンがすべて更新されました。
  5. UX:すべてのテストシーンの負荷を増やします。画面のリフレッシュレートは、測定範囲に含まれています。

AnTuTu Benchmark – Google Play のアプリ

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧