アプリとゲームのサブスクリプション「Google Play Pass」登場!まずは米国から

Googleは9月23日、Google Playのアプリやゲームを楽しめるサブスクリプション型のサービス「Google Play Pass」を発表しました。月額制で350以上のアプリやゲームが完全無料、広告やアプリ内購入は無しで楽しめます。

まずは今週中に米国から始まり、近日中に他の国にも提供される予定です。

月額4.99ドルのサブスクリプション

Google Play Passでは開始時点では350以上のアプリやゲームが提供されます。Play Passの案内ページに行けばその一部を見ることができますが、『Terraria』『Monument Valley』『Risk』『Star Wars:Knights of the Old Republic』『AccuWeatherなど様々なものがあります。『This War of Mine』や『Cytus』といったタイトルも近日中に追加され、毎月新しいものが追加される予定です。

Play Passはまずは米国から始まります。月額4.99ドルで、最初の10日間は無料の試用期間。2019年10月10日までの期間限定で、最初の12か月間は月額1.99ドルというキャンペーンもあるようです。

また、Play PassはGoogle Playファミリーライブラリと同様に、最大5人の家族と共有できます。それぞれ個別にPlay Passにアクセスできるので、他の人がダウンロードしたものに影響されることはありません。

PlayストアのボトムタブにPlay Passが追加され、ここからアプリを探すことができます。対応のアプリにはPlay Passのアイコンが表示されるようですね。

米国以外での展開についてはハッキリしたものは発表されていませんが、日本での展開を期待しましょう。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧