RAVPower、PD&QC対応のACプラグ付き5000mAhモバイルバッテリー RP-PB122 を発売

RAVPowerは7月4日、USB PDとQuick Charge 3.0に対応し、AC充電器機能と5000mAhのバッテリー容量を備えた1台2役のモバイルバッテリー「RP-PB122」を発売しました。価格は4,599円(税込)で、期間限定の15%オフクーポンもあります。

2019年7月7日 23:59まで、クーポンコード「PB12MP04」で期間限定特別価格15%オフ (※Sunvalley Brands Japanからの購入に限る)

AC充電器+モバイルバッテリーがUSB PD対応に

RP-PB122はコンセントに挿せばAC充電器として動作し、外して持ち運べばモバイルバッテリーとして使える1台2役のモバイルバッテリーです。

旅行時などには必要な持ち物2つが1つにまとまるので非常に便利です。

同種の人気商品にAnkerのPowerCore Fusionや、同じRAVPowerのRP-PB125というバッテリー容量が6700mAhのものがありますが、今回のRP-PB122はUSB PDとQuick Charge 3.0に対応しているのがポイントです。

最大18Wまで出力可能なので、対応機器なら出先でもすばやく充電可能です。

本体への充電もPD対応充電器を使えば1.2時間で満充電に。AC電源なら3時間です。

本体を充電しながらデバイスへの充電も可能で、その場合はデバイスの充電が優先されます。過剰の電流で製品本体が充電されます。

本体サイズは約77.5×77.5×32mmで、重量は約210gです。コンパクトなサイズですので、持ち歩くのに不便はありません。

兄弟機のRP-PB125と比べると、バッテリー容量が6700mAh→5000mAhと減っており、価格も高くなっています。ですがUSB PD対応というのはその差を埋めるだけの価値があるでしょう。どちらもいい製品なので、PDが必要かどうかで選ぶのがいいと思います。

仕様
サイズ:約77.5*77.5*32mm
重量:約210g
バッテリー容量:5000mAh / 18.5Wh
出力ポート:USB A × 1, USB C × 1
入力ポート:USB C × 1 , AC入力
AC入力:100 – 240V , 50 / 60Hz , 0.5A
USB C入力:最大 5V / 2A
USB C出力:PD3.0, 5V⎓3A, 9V⎓2A,12V⎓1.5A, 18W (最大)
USB A出力:QC3.0, 5V⎓3A, 9V⎓2A,12V⎓1.5A, 18W (最大)

2019年7月7日 23:59まで、クーポンコード「PB12MP04」で期間限定特別価格15%オフ (※Sunvalley Brands Japanからの購入に限る)

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧