Pixel 4はモーションセンサーSoliでスマホを持たずに操作が可能!?フェイスアンロックも進化!

Googleは7月29日、Pixel 4の新しい機能について、公式ブログにて紹介しました。今回は前面カメラとその周辺に配置されたセンサーSoliについてです。

これにより、Pixel 4では端末に触れずに多少の操作ができるようになり、顔認証によるロック解除もまた進化するようです。

Soliで端末に触れずに操作

Pixel 4はモーションセンシングレーダー「Soli」を搭載する初めてのデバイスとなります。この技術により、手を振るだけで曲のスキップ、アラームのスヌーズ、通話の停止といった操作「モーションセンス」が可能になります。

また、モーションセンスにとってこれらの手を振るだけで曲のスキップといった機能はまだ始まりに過ぎず、今後もPixelとともに進化していくとのこと。

デバイスの前で手を振って音楽などのコントロールと言うと、機能自体は実は結構前からあります。2015年のKIWAMIにも同じような機能がありました。ただ、それだけではほとんど実用性がなかったので、Googleの言うこれからの進化、使い方がどうなるのか、楽しみですね。

フェイスアンロックも進化

Soliによって顔認証によるロック解除、フェイスアンロックもまた進化します。スマホを使おうと持ち上げたなら一瞬で顔認証を行いロックが解除されます。また、スマホの向きが上下逆さまでも、ほぼあらゆる方向で機能しロック解除できるようです。

顔認証データはほかと共有されない

顔認証に使われる画像データはデバイス上のTitan Mセキュリティチップに保存されます。これはデバイス内に保存されるだけであり、ほかのGoogleサービスに共有されることはありません。顔認証のデータだけでなく、Soliセンサーデータも同様だということです。

参考情報

タイトルとURLをコピーしました