現在利用しているQRコード決済サービス、 トップは「楽天ペイ」

MMD研究所は、「2019年2月 QRコード決済サービスの利用に関する調査」を実施し、その結果を公開・販売しています。調査の結果、現在利用しているQRコード決済サービスのトップは「楽天ペイ」でした。そのほかQRコード決済を利用する理由、利用しない理由などが掲載されています。

この調査はスマートフォンを所有している20歳~69歳の男女887人を対象に2019年1月8日~1月10日の期間で行われました。

使っている人が最も多いのは楽天ペイ

主要なQRコード決済サービスに対して、それぞれの利用や認知状況について調べたところ、「現在利用している」という回答が最も多かったのは「楽天ペイ」(9.4%)、次いで「PayPay」(8.1%)、「LINE Pay」(7.9%)でした。
名前のみを知っている人も含めた各サービスの認知度を見ると、トップは「LINE Pay」で86.8%、次いで「PayPay」が86.4%、「楽天ペイ」が79.0%と続きます。

利用する理由は「ポイントがたくさん貯まるから」

いずれかのQRコード決済サービスを現在利用していると回答した188人を対象にQRコード決済サービスを利用する理由について聞いたところ(複数回答可)、トップは「ポイントがたくさん貯まるから」(39.4%)、次いで「会計がスピーディーに終わるから」(31.9%)、「キャンペーンを知って興味を持ったから」(26.6%)と続きました。

やはりポイントが付くといった「お得」は強いようです。

利用しない理由はクレカで十分

逆にQRコード決済サービスも利用していないと回答した699人を対象にQRコード決済サービスを利用しない理由について聞いたところ(複数回答可)、トップは「クレジットカード(カードタイプ)で十分だから」(43.1%)、次いで「現金で十分だから」(23.6%)、「個人情報や決済情報が漏洩しないか不安だから」(21.6%)と続きました。

理由を見ていくと、不安や心配などはまだまだ大きいようです。実際に使ってみるのが一番とは思いますが、それまでの一歩が遠いのでしょう。ただ、今回の設問の中に「おサイフケータイを使っているから」というものがなかったので、それとの比較がなかったのは残念です。個人的にはおサイフケータイのほうが早くて簡単で便利だと思います。

男女の違いにも注目

このほか、「現在利用している」という回答が多かったQRコード決済サービス上位5サービスの利用状況などを男女別に見たものも掲載されています。多くの項目ではそう大きな差はないのですが、一部差の出たものもあるので、興味ある方はMMD研究所のページで確認してください。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧