au、Galaxy S9 SCV38 / S9+ SCV39にAndroid 9 PieへのOSアップデートを2月20日より配信開始

KDDIは1月25日、同社から販売されている「Galaxy S9 SCV38」および「Galaxy S9+ SCV39」においてAndroid 9 PieへのOSバージョンアップの準備が整ったと発表しました。2月20日17時より順次アップデートのお知らせが通知されます。

Android 9 PieへのOSアップデート

Galaxy S9 SCV38
アップデート方法 更新時間 アップデートファイルサイズ
Wi-Fi利用 約30分 約1.9GB
4G(LTE/WiMAX 2+)利用 約40分
パソコン(Smart Switch)利用 約75分 約3.9GB
Galaxy S9+ SCV39
アップデート方法 更新時間 アップデートファイルサイズ
Wi-Fi利用 約30分 約1.8GB
4G(LTE/WiMAX 2+)利用 約40分
パソコン(Smart Switch)利用 約75分 約3.9GB

今回はOSアップデートなのでアップデートファイルサイズがギガサイズでかなり大きいです。できるだけWi-Fiが推奨されます。

アップデート内容

OSバージョンがAndroid 9 Pieとなり、様々な箇所が変更されます。詳しくは公式のお知らせをご覧ください。

主な機能追加・変更内容

  • アイコン表記の変更
  • ロック画面の表示内容変更
  • ステータスバーの機能変更
  • ホーム画面表示の変更
  • 「ダイヤル」の機能変更
  • 起動中のアプリケーション一覧画面変更
  • マルチウィンドウの表示方法変更
  • 「カメラ」機能・配置変更
  • 「ギャラリー」機能・配置変更
  • 自動回転の機能変更

その他、初期化/削除される機能があります。アップデート前に公式のお知らせをご覧ください。

完了後のバージョン情報

ソフトウエアのビルド番号
PPR1.180610.011.SCV38KDU1BSB4 (Galaxy S9 SCV38)
PPR1.180610.011.SCV39KDU1BSB4 (Galaxy S9+ SCV39)
Androidセキュリティパッチレベル:
2019年2月1日

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧