ファーウェイ、前後にAIカメラ搭載で雫型ノッチのHUAWEI nova lite 3発表!市場想定価格26880円より

ファーウェイ・ジャパンは、「novaシリーズ」の最新モデルとして「HUAWEI nova lite 3」を2月1日より発売すると発表しました。市場想定売価26,880円(税抜)で、IIJmioやmineo、LINEモバイルなど各MVNOから発売されます。

手頃な価格で充実スペック

HUAWEI nova lite 3は、価格に敏感でもスマートフォンでの写真撮影、動画やゲームなどのエンターテイメントをスマートフォンで満足に楽しみたい学生や社会人をターゲットに、充実したスペックを手ごろな価格で提供するnovaシリーズの最新モデルです。

約6.21インチFHD+ディスプレイには「しずく型ノッチ」を日本で正式発売するファーウェイ製品としては初搭載しています。CPUはHUAWEI Kirin 710でRAMは3GB、ストレージは32GBでバッテリーは3400mAhです。昨年のnova lite 2と同じように価格の割にかなり充実したスペックになっているようです。

インもアウトもAIカメラ

HUAWEI nova lite 3はインとアウト、どちらもAI機能を搭載し、AI機能が様々なシーンや被写体に合わせて最適なパラメーターを自動設定して撮影してくれます。

アウトカメラには約1300万画素と約200万画素のダブルレンズAIカメラを搭載し、動物、フード、景色等、22のカテゴリーを認識。ダブルレンズカメラが色彩豊かで立体感のある写真や、味わいあるボケ感を演出します。

インカメラにも約1600万画素のAIカメラを搭載し、セルフィー撮影時に8種類の背景をAIが感知するため、これまでよりもさらに美しいセルフィーが簡単に撮影できます。

また、インカメラとアウトカメラの両方にボケ効果や照明効果を調整できるポートレートモードを搭載し、写真上級者のテクニックを手軽に再現可能です。

6.21インチ+しずく型ノッチのフルビューディスプレイ

HUAWEI nova lite 3の前面上部にはノッチ部分をできる限り小さくしたしずく型のノッチがあります。これにより約6.21インチ、19.5:9のフルビューディスプレイを実現しています。解像度は2340×1080ピクセルでFHD+となります。

HUAWEI nova lite 3のスペック

OS Android 9 + EMUI 9.0.1
CPU HUAWEI Kirin710 オクタコア (4 x 2.2 GHz A73 + 4 x 1.7 GHz A53)
RAM 3GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC 512GB
ディスプレイ 約6.21インチ 2340×1080 (FHD+)
カメラ アウトカメラ(ダブルレンズ):約1300万画素+200万画素
インカメラ:1600万画素
バッテリー 3400mAh
サイズ 約155.2 × 73.4 × 7.95 mm
重量 約160g
カラー コーラルレッド、オーロラブルー、ミッドナイトブラック
通信バンド FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 8 / 17 / 18 / 19
TDD LTE: B41
キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応*1
WCDMA: B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

HUAWEI nova lite 3 取り扱い店

  • IIJmio (株式会社インターネットイニシアティブ)
  • イオンモバイル(イオンリテール株式会社)
  • エキサイトモバイル (エキサイト株式会社)
  • goo Simseller (NTTレゾナント株式会社)
  • QTmobile(株式会社QTnet)
  • DMM mobile (合同会社DMM.com)
  • mineo (株式会社ケイ・オプティコム)
  • LINEモバイル(LINEモバイル株式会社)
  • 楽天モバイル (楽天株式会社)
  • LinksMate(株式会社LogicLinks)

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧