グッズ/アクセサリ

Anker、究極の持ちやすさを実現したモバイルバッテリーAnker PowerCore 10000 Reduxを発売開始

アンカー・ジャパンはAnkerブランドにて、コンパクトサイズの大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Redux」を1月31日より販売開始しました。Anker公式オンラインストアやAmazon.co.jp、家電量販店等にて販売されます。

価格は税込3,299円ですが、初回1000個限定で20%オフとなり2,639円です。

帰ってきたPowerCore 10000

Anker PowerCore 10000 Reduxの「Redux」とは「帰ってきた」という意味を持ちます。Ankerでは定番商品の「Anker PowerCore 10000」を筆頭に、スマートフォンと重ねて持つことができる薄型の「Anker PowerCore Lite 10000」や独自の急速充電技術を進化させた「Anker PowerCore II 10000」等、現在計5種類の10000mAhモデルをラインナップしています。

そのような中で、原点に立ち返って改めてサイズとフォルムに着目して作られたのが「Anker PowerCore 10000 Redux」です。本体の縦幅は「Anker PowerCore 10000」より15%ほど細い約52mmに抑えられ、人間工学に基づいた吸い付くような曲線デザインと滑りにくいストライプメッシュ加工を採用することで、女性や子どもでもしっかりとしたグリップ感を実感できる「究極の持ちやすさ」を実現しています。

製品の特徴

– コンパクトで大容量:手のひらにすっぽり収まるコンパクトサイズながら、10000mAhの大容量バッテリーを搭載。iPhone XSへ約2.6回、Galaxy S9へ約2.3回、iPad Pro (2018, 11インチ) に約1回、その他ほとんどのスマートフォンに複数回の充電が可能です。

– フルスピード充電:Anker独自の急速充電テクノロジーであるPowerIQとVoltageBoostにより、ほとんどのUSB機器に対して最適なスピードで充電することができます。

– 最先端の安全性:Anker独自の多重保護システムを搭載。また、最先端の電気自動車メーカーも使用している長寿命バッテリーセルを採用しており、長期間安心してお使いいただけます。

– 低電流モード搭載:電源ボタンを2回押す、または2秒間長押しすると「低電流モード」に切り替わり、LEDインジケーターのひとつが緑色に点灯致します。低電流モードではイヤホン等の小型電子機器やウェアラブル機器に最適な電流で安全に充電することができます。

主な製品仕様

サイズ:約104 x 52 x 25mm
重量:約184g
出力:5V / 2.4A
入力:5V / 2A