アプリ

終わるのはハングアウトではなくAllo-Googleがメッセージ、Allo、Duo、ハングアウトの現状を説明

数日前に「Googleのハングアウトの一般向けの提供が終了する」というような噂が流れていました。それに対してなのか、Googleが現在のメッセージアプリについて言及する記事を掲載しました。その中でメッセージサービスの1つ『Google Allo』が2019年3月に終了すると伝えられています。

Google playGoogle Allo
Google Allo
制作: Google LLC
価格: 無料

ダウンロード

Google Alloは2019年3月に終了

この記事の中で、『Google Allo』は今年の早い段階で開発を中止しており、Smart Reply、GIF、デスクトップサポートといった機能を『メッセージ』アプリに搭載したと述べています。

この『メッセージ』アプリは毎月1億7,500万人を超えるユーザーが利用しているとのことで、今後はこちらに注力するようです。

そしてこのメッセージアプリの勢いもあって、『Google Allo』を2019年3月で終了することを決定しました。なお、終了までは、これまでの会話履歴をアプリからエクスポートすることができます。

ハングアウトはChatとMeetを一般向けにも

終了すると話題になっていたハングアウトについてですが、これは2017年3月にハングアウトの進化のために『ハングアウト Meet』と『ハングアウト Chat』のチームに分けられて、現在は企業向けのG Suiteのツールとして提供されています。

ですが一般ユーザー向けのものが終わるわけではなく、MeetとChatについても、ある時点から既存のハングアウトユーザーも使えるようになるとのことです。

そういう意味では、従来のハングアウトが発展解消されてMeetとChatになる、ということかもしれません。

参考情報

Random Posts

Unihertz Titanのスペックが少しだけ判明!クラウドファンディングは7/30開始
ファーウェイ、HUAWEI MediaPad M5 liteのRAM 4GB版と新カラーを投入!
LINEモバイル、最大7000円相当のLINE Pay残高またはLINEポイントがもらえるラッキーセブンキャンペーンを開始!
Mode1 RR レビュー:普通の人の普通の使いやすさ、そしてRacing Sportsをコンセプトにデザインされたスマホ
ファーウェイ、進化したLeicaトリプルカメラ搭載フラグシップHUAWEI Mate 20 Pro発表!11/30発売
もう寝顔でロック解除されない!Pixel 4の顔認証に「目を開く」オプションが追加
Googleストアが最安価格保証を日本でも開始
ドコモ、AQUOS sense3 SH-02MにAndroid 10へのOSアップデートを配信開始
Android版Vivaldiがアップデートでアドレスバーとタブバーを下に置けるように
Spigenジャパンが10周年!公式ストア・Amazonストア・Yahoo!ストアで記念イベント開催!
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年8月 その1 UQ mobileの速度がまた上がった気がする
ZenFone Max (M2)やHUAWEI nova lite 3が1円!goo Simsellerで大特価セール開催
2018年に課金/購入したアプリ
ドコモショップで Xperia 1 を回線契約なしで購入! スマホ単体で購入可能は本当だった
Cats Clock Widget:バリエーション豊富なかわいい猫のアナログ時計ウィジェット