UMIDIGIの新フラッグシップ機UMIDIGI S3 ProはIMX586 48MPカメラと5150mAhバッテリー搭載

UMIDIGIの新たなフラッグシップ機となるUMIDIGI S3 Proの内部写真を手に入れました。これによると5150mAhの大容量バッテリーと、ソニーの最先端カメラチップIMX586を載せた48MPカメラとが確認できます。IMX586は、HuaweiやSonyの旗艦ではなく、UMIDIGI S3 Proで初めて発売される予定です。

IMX586 48MPカメラと5150mAhバッテリー搭載

写真からわかるように、UMIDIGI S3 Proは大口径のデュアルカメラセットアップIMX586 48MPを採用しています。また、バッテリーは5,150mAhとかなり大きなものが搭載され、そこにはモデル名が「UMIDIGI S3 Pro」と書かれています。

カメラ好きなら期待するIMX586の48MPという解像度はHuawei P20 ProとLumia 1020の40MPと41MPというセンサーを上回ります。この解像度の向上は、UMIDIGI S3 Proがより良い昼間のスナップを実現し、ディテールをより精巧に写してくれます。

IMX586は、隣接する4つの0.8ミクロンピクセルからの信号を1つのピクセルに結合し、表面の低解像度で高品質の低光画像を提供します。これは、夜間に12ミクロンの超大型1.6ミクロンピクセルカメラに相当するイメージです。つまりUMIDIGI S3 Proは夜間の撮影で素晴らしいパフォーマンスを発揮するということです。

バッテリー容量は5,150mAhで、これは他社のフラッグシップ機の2倍近くにもなります。

48MPのカメラと5,150mAhの大容量バッテリーを備えたフラッグシップ機「UMIDIGI S3 Pro」はスマートフォン市場で大きなインパクトを与えるでしょう。UMIDIGI S3 Proの詳細についてはもうしばらくお待ちください。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧