mineo、11月29日よりソフトバンクプラン(Sプラン)のVoLTE対応開始

mineoは2018年11月29日(木)より、ソフトバンクプラン(Sプラン)の音声通話付SIM(デュアルタイプ)においてVoLTEに対応すると発表しました。また、より高音質な通話が可能になる「VoLTE(HD+)」VoLTEより高音質な通話が可能になる「VoLTE(HD+)」についても同様に対応します。

ソフトバンクプランでVoLTE対応

VoLTEは4G LTEを活用した次世代音声通信で、通話をより高品質で利用することが可能です。
VoLTE(HD+)は、従来の「VoLTE」の音声帯域50Hz~7000Hzと比較し、50Hz~14000Hzとより広い帯域に対応することで、従来の音声ではカットされていた高音域の音声成分を含めることができ、音がこもらずクリアで聞き取りやすい通話が可能になります。

VoLTE/VoLTE(HD+)の利用には「VoLTE/VoLTE(HD+)対応端末であること」「4G LTE エリア内であること」が条件となります。また、高品質な通話には自分と相手とが同じキャリア回線である必要があります。対応端末は各メーカーやキャリアのウェブサイトをご確認ください。

今回のVoLTE対応は特に申込みやSIMの入れ替え等は必要ありません。11月28日以降に新規契約の場合はすぐに利用でき、それ以前にソフトバンクプランを利用開始した場合も、11月29日以降12月中旬までに順次VoLTEを利用可能になります。

また、これに伴いソフトバンクプラン(Sプラン)の留守番電話・転送電話を設定(開始・停止・呼出時間の変更)する際のダイヤルが以下の通り変更となります。

現在 1406
2018年11月29日(木)10:00から 0800-919-4006

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧