全世界のスマートフォン出荷台数は3四半期連続で減少、中国メーカーは中国国外で力強い成長軌道

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチが2018年第3四半期の全世界のスマートフォン出荷台数等の調査結果を発表しました。2018年第3四半期は年率換算で3%減少の3億8680万台、シェアとしてはトップ10社が市場全体の79%を占め、残りの600余りのブランドが残る21%の市場にひしめいている状況となりました。

世界的には減少も、中国メーカーが牽引

出典: Counterpoint Research: Quarterly Market Monitor 2018年第3四半期

スマートフォン市場のシェア1位はSamsungで19%となっていますが、出荷台数ではインドで過去最高を記録したにも関わらず、4四半期連続で減少しています。

逆に伸びているのは中国メーカーでOPPO, vivo, Xiaomiは四半期の出荷台数が最高となりました。シェア2位のHuaweiも5千万台超の出荷を維持しています。

Huawei, Oppo, Vivo, Xiaomi (HOBX) の成長(中国とその他の市場)-2018年第3四半期

中国メーカーは中国国内の依存度は低下しており、中国国外での成長が大きいようです。

世界のスマートフォン市場は先進国市場では落ち込んでおり、インドなど一部の新興国市場で二桁成長となっています。こういった市場で売上拡大を目指して中国メーカーが海外進出を行って市場を牽引しています。

日本でもHuaweiに続きOPPOが存在感を出し始めています。このままvivoやXiaomiも日本市場に正式参入したら、世界の波を日本でも感じそうですね。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧