上下にダブルノッチ搭載!すべてがパワーアップしたAQUOS R2 compactを2019年春モデルとして発表

シャープは11月15日、2019年春モデルとして「AQUOS R2 compact」を発表しました。幅64mmのコンパクトボディにハイエンドモデルの性能を凝縮したスマートフォンで、ディスプレイの上下どちらにもノッチの付いた「ダブルノッチデザイン」を採用しています。

15日時点ではソフトバンクから販売されることが発表されており、2019年1月中旬以降の発売となります。

AQUOS R2 compact

AQUOS R2 compactは、幅64mmのコンパクトボディに約5.2インチのフルHD+(2,280×1,080画素)「ハイスピードIGZO液晶ディスプレイ」を搭載、SoCはSnapdragon 845でRAMは4GB、ストレージは64GBです。前作のAQUOS R compactはSnapdragon 660でミドルレンジと行ったところでしたが、AQUOS R2 compactはハイエンドに入っていくだけのスペックがあります。

やはり注目してしまうのは、端末下部にある指紋センサー部分です。ここもディスプレイ上部のインカメラ部分のようにノッチ(切りかけ)となっており、その左右にまでディスプレイが広がっています。この指紋センサーは、「ホーム」や「戻る」、「アプリ切替」操作キーとしても使用可能です。

指紋センサー部分もノッチとなったことで、大きさはそのまま(むしろよりコンパクト)に、ディスプレイサイズは4.9インチから5.2インチへと伸びています。アスペクト比は19:9です。

ソフトバンクから2019年1月中旬以降発売

AQUOS R2 compactはシャープの2019年春モデルとされていますが、ソフトバンクでの取り扱いも発表されています。こちらはディープホワイト、ピュアブラックのほかにスモーキーグリーンもあります。発売は2019年1月中旬以降。

前作のAQUOS R compactはソフトバンクの他にauとSIMフリーでも発売されました。他メディアの発表会での情報によればAQUOS R2 compactもSIMフリーでの販売があるようです。AQUOS R compactもスペックの割になかなか高額だったように感じましたが、今回AQUOS R2 compactはかなりスペックもアップしているのでSIMフリーで9万円くらいは行くかもしれませんね。

AQUOS R2 compactのスペック

OS Android 9 Pie
CPU Qualcomm Snapdragon 845(SDM845)
2.6GHz(クアッドコア)+ 1.7GHz(クアッドコア)オクタコア
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC (最大512GBGBまで)
ディスプレイ 5.2インチ 2,280×1,080 (FHD+) ハイスピードIGZO
カメラ 背面:2,260万画素 前面:800万画素
バッテリー 2,500mAh
サイズ 約131 × 64 × 9.3 mm
重量 約135g
防水 / 防塵 IPX5/IPX8 / IP6X

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧