ソフトバンクがAQUOS zeroの取り扱いを発表!国内ではソフトバンクのみの専売

ソフトバンクは、シャープ製の有機ELディスプレイ搭載の軽量スマートフォンAQUOS zeroを2018年12月上旬以降に発売すると発表しました。

AQUOS zeroは先日シャープより2018年冬モデルとして販売すると発表があったモデルで、スマートフォンAQUOSとして初めて有機ELディスプレイを搭載し、6.2インチの大画面ながら約146gと軽量なフラッグシップモデルです。

ソフトバンクの発表によれば、このAQUOS zeroは国内での取り扱いはソフトバンクのみとなるとのことです。

世界最軽量ボディーを実現したAQUOS zero

AQUOS zeroは約6.2インチの大画面WQHD+(2,992×1,440画素)のシャープ製有機ELディスプレイを搭載し、SoCにQualcomm Snapdragon 845、RAMは6GB、ストレージは128GB、防水やおサイフケータイにも対応しています。

ソフトバンクでの発売は2018年12月上旬以降とされ、価格等は発表されていません。

主な特徴

約6.2インチの国産の有機ELディスプレーを搭載し、世界最軽量ボディーを実現
「AQUOS」のスマホとして初めて有機ELディスプレーを採用した、約6.2インチの大画面ディスプレーを搭載。有機ELディスプレーのため、高い解像度で色彩豊かな映像を再生することができます。また、側面に軽量なマグネシウム合金、背面に高強力アラミド繊維「テクノーラ®」を採用することで、高い強度を備えた世界最軽量ボディーを実現しました。さらに、ディスプレーに独自のラウンドフォルムを採用。ディスプレーの中央に向かって緩やかに盛り上がっていることで、指の動きに合った自然なタッチ操作が可能です。

動画やゲームが迫力のある映像と音楽で楽しめ、高画質の写真や動画の撮影も可能
Dolby Laboratories, Inc.の映像技術「Dolby Vision™(ドルビービジョン)」と音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」を採用。細部まで美しく再現した映像と臨場感のある音を楽しむことができます。また、ステレオスピーカーを搭載しているため、迫力のある音を楽しめます。さらに、有効画素数約2,260万画素のメインカメラを搭載。写真や動画をきれいに撮影することが可能です。

オクタコアCPUのチップセット「SDM845」と大容量メモリーを搭載
チップセット「SDM845」には、2.8GHz※4と1.7GHzのオクタコアCPUを搭載。そのため、ウェブサイトの閲覧やアプリの操作などが快適に行えます。また、6GBのRAMと128GBのROMを搭載しているため、複数のアプリを同時に動作させても快適に操作ができ、メモリーの容量を心配せずに写真や動画を保存することができます。さらに、2つの充電用のIC(集積回路)を併用することで、充電時の発熱を抑える「パラレル充電」に対応。充電中でも快適に使用することが可能です。

スペック

OS Android 9
CPU Qualcomm® Snapdragon 845
RAM 6GB
ストレージ 128GB
外部メモリ 非対応
ディスプレイ 6.2インチ 有機ELディスプレイ 1,440 × 2,992 (WQHD+)
カメラ 背面:2260万画素 前面:800万画素
バッテリー 3,130mAh
サイズ 約154 × 73 × 8.8 mm
重量 約146g
防水/防塵 IPX5/IPX8 / IP6X

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧