通信

SpeedCheck Lite:消費データ通信量1MB、5秒以下で計測可能なスピードテストアプリ

SpeedCheck Liteは通信回線のダウンロード速度を計測するためのスピードテストアプリです。当サイトでも毎月行っている格安SIMの速度測定が可能なアプリで、軽量高速なのが特徴です。

こういったスピードテストアプリは、実際にテストすると何十MBものデータ量を消費してしまうのが悩みの1つです。しかし本アプリは1回の計測で消費するデータ量はわずか1MBしかありません。その分、少しだけ制約はあるのですが、低速回線でのチェックなら十分です。

SpeedCheck Lite - 超軽量スピードテストアプリ
eConnect Japan Inc.

シンプル軽量な速度測定アプリ

アプリは見た目からしてシンプルでスッキリしています。操作も「計測スタート」をタップするだけというシンプルさです。

なお、本アプリで計測するのはダウンロード速度だけです。アップロードやPINGは計測されません。一番関心の高そうなダウンロードだけに絞っているからこそ、高速軽量が実現できるわけです。(それだけではありませんが。)

計測はあっという間に終わります。ハッキリ言って驚くくらいです。アプリの説明ページでは「5秒以下で~」と書かれていますが、試したときはだいたい1秒くらいで計測できました。

ちなみに、本アプリは主に低〜中速度の通信速度の計測に重点を置いた仕様になっています。30Mbpsを超えるものについては「30Mbps以上です」と表示されます。

他アプリと比較

スピードテストアプリとしてメジャーな『Speedtest.net』と『RBB SPEED TEST』と一緒に同時間帯に計測してみました。計測用SIMはUQ mobileで、2018年9月4日の19時20分くらいです。

まぁ、こういうものはアプリによって多少は差が出るものですが、Speedtest.netと似たような値が出ました。

さらに、このときのデータ通信量を『通信量モニター』で計測しました。それぞれのアプリで3回ずつ計測した結果、Speedtest.netは73.7MB、RBB SPEED TESTは28.9MB、そしてSpeedCheck Liteはわずか1.1MBの消費となりました。

keisoku.ioのeConnect Japan開発

本アプリは、eConnect Japan株式会社 が開発しているアプリです。ここは格安SIMの速度測定を1時間毎(お昼の混雑する時間帯は15分毎)に行いその結果を公開しているkeisoku.ioを運営しているところです。

もちろん、サイトで使用しているものとは異なると思いますが、そういった経験や成果の一部がアプリとして提供されるのはありがたいですね。

本アプリはダウンロード速度の計測だけのシンプルなアプリです。シンプルですが一番知りたいことはわかりますし、データ消費量も少なくてあっという間に計測できるのはかなりGoodです。個人で時々チェックするだけなら、何十MBも消費してしまうアプリより、本アプリのほうがいいと思いますよ。

Random Posts

Echo Dotをワイヤレスにして持ち運べる!ポータブルバッテリーベース GGMM D3
使いやすさを追求したホーム画面!【あなたのホーム画面見せてください 2020】
Amazon Music Unlimited、3か月無料で音楽聴き放題キャンペーン!(6月16日までに延長)
Mi Band 3 にとても似ているスマートブレスレットを見かけたので買ってみた
楽天モバイル本格スタート!パートナー回線エリアのデータ容量と消費後の速度をアップグレード!
ドコモ、2019-2020年冬春モデルのスマートフォン5機種を発表!
Tenth【あなたのホーム画面見せてください 2018】
2019年にorefolder.netで最も読まれた記事トップ100
UQ mobileとUQ WiMAXを同時に15日間無料でお試し!Try UQセット開始
モバイルPASMO、2020年春のサービス開始を予告!場所を選ばずチャージや定期券の購入が可能に
Galaxyの無料エンターテイメントパーク「Galaxy Studio」全国14カ所で開催決定!
楽天モバイル、Galaxy S10にAndroid 10へのOSアップデートを配信開始
INFOBAR型トロフィーが当たる! auブランド20周年記念「au検定2020」開始!
「振る」だけで、スグにアプリが起動!ドコモオリジナル機能「スグアプ」を2020年10月23日から提供開始
FREETELがXperia 1のSIMロック解除品の大特価セールを予告!4月22日11時スタート