MVNO/SIM調査・データ

格安SIMの満足度調査【2018年9月】総合満足度1位はmineo!おすすめ度ではUQとワイモバの差がくっきりと

MMD研究所は9月25日、「2018年9月格安SIMサービスの満足度調査」の結果を公表しました。

この調査は「2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査」において利用率が高かった格安SIMの上位10サービスとY!mobileの利用者15歳~69歳の男女1,650人を対象に2018年8月31日~9月4日の期間で行われたものです。

満足度第1位はmineo

利用率の高かった格安SIM(+ワイモバイル)の利用者に、それぞれの総合満足度を「とても満足、やや満足、どちらでもない、やや不満、とても不満」の5段階で聞いた質問では、「とても満足」と「やや満足」を合わせ74.2%が満足と回答しました。格安SIM別の満足度についてはmineoが82.0%で最も高く、次いでUQ mobileが80.0%、BIGLOBEモバイルが79.3%と続きます。

コストパフォーマンスや通信速度、プランの豊富さといった各項目ごとの満足度ではUQ mobileが4つの項目でトップとなっており、総合満足度で1位だったmineoは1つもトップがないというのも興味深いです。

おすすめ度はmineoとUQ mobile

それぞれが利用している格安SIMサービスを家族や友人にオススメしたいかどうか10点満点の点数を付けてもらい、NPS(ネット・プロモーター・スコア/顧客推奨度)を出したところ、9点から10点をつけた推奨者は26.3%、7点から8点をつけた中立者は48.1%、0点から6点をつけた批判者は25.6%となり、推奨者から批判者を引いたNPSは0.7となりました。
格安SIM別のNPSについては、UQ mobileとmineoが17.9で最も高く、次いでLINEモバイルが5.3でした。

1 mineo 17.9
2 UQ mobile 17.9
3 LINEモバイル 5.3
4 IIJmio 4.6
5 楽天モバイル 3.3
6 OCNモバイルONE 1.2
7 イオンモバイル -3.4
8 DMM mobile -4.1
9 BIGLOBEモバイル -4.7
10 BIC SIM -7.4
11 Y!mobile -23.2

比べられることの多いUQ mobileとY!mobileでここまで大きな差が出るのも興味深いです。
これらの結果については、当サイト内で格安SIMの速度測定を行って感じているおすすめ度とあまり差はありません。


なお、今回の調査対象となった方たちが格安SIMをさしている端末と契約プランの種類は以下のとおりです。

参考情報

Random Posts

Hamee、月額200円のお手軽「スマホ保険」を販売開始!1ヶ月無料キャンペーンも
LinksMate、新規契約で最大7800円割引、SIMもう1枚もらえるなど「秋トクキャンぺーン」を開始!
楽天モバイル、Rakuten UN-LIMIT VにSIMのみの申し込みで6,000ポイント還元!合計で最大12,300円相当還元!
モバイルSuicaが予告どおりアップデートするもUIや使い勝手は全く変わらず
低価格の「ノイズキャンセリング対応」のフルワイヤレスイヤホン「Coumi ANC-860」試用レビュー:インナーイヤーで耳に優しいイヤホン
UMIDIGI One Maxが実際に動作している動画が公開-水滴型ノッチのフルスクリーン端末
ドコモ、Galaxy Note10+ SC-01MにAndroid 10へのOSアップデートを配信開始
MNPで5,000円キャッシュバック!IIJmio、2年連続シェアNo.1記念のキャッシュバック特典第二弾を開始!
ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL)が販売再開!
スマホ非接触決済、総合満足度1位は「モバイルSuica」、利用頻度が高いのは「nanacoモバイル」【MMD研究所調査】
Unihertz Titanは日本国内から発送!配送先住所の登録が完了してるか確認を
アクション ブロック:Googleアシスタントの機能をワンタップで実行できるウィジェット
このスマホは強い!堅牢性タフネススマホ「CAT S61」販売開始!
HUAWEI P40 lite 5GとXiaomi Redmi Note 9Sを買う個人的な理由と購入場所の検討(価格比較)
Xperia10周年記念キャンペーン第1弾 スペシャルサンクスキャンペーン!抽選で5万名に豪華プレゼント