MVNO/SIM

b-mobileの190PadSIMにドコモ版が登場!基本料190円から使った分だけの段階制料金

日本通信は7月25日、同社のMVNOサービス「b-mobile」において基本料190円から使えるデータ通信SIM「b-mobile S 190PadSIM」の対応通信キャリアを拡充し、ソフトバンク版に加え、ドコモ版を販売開始しました。

使った分だけ支払いの190PadSIM

190PadSIMはb-mobileの格安SIMサービスで、月額料金が段階制になっており、100MBまでなら月額190円で維持できるのが大きな特徴です。これまではソフトバンクのiPadやiPhone用に提供されてきましたが、本日よりドコモ版が選べるようになっています。

ドコモ版はソフトバンク版と同様に、月額基本料は100MBまでの高速通信が含まれ190円。100MBを超える利用は1GBまでが540円、その後1GBあたり350円で10GBまで利用できます。

また、ドコモ版ではSMS機能も追加でき、こちらは月額料金にプラス130円となります。

月額料金
データのみ SMS付き
100MBまで 190円 320円
1GBまで 540円 670円
2GBまで 890円 1,020円
3GBまで 1,240円 1,370円
4GBまで 1,590円 1,720円
5GBまで 1,940円 2,070円
6GBまで 2,290円 2,420円
7GBまで 2,640円 2,770円
8GBまで 2,990円 3,120円
9GBまで 3,340円 3,470円
10GBまで 3,690円 3,820円

なお、同じb-mobileにて、よく似たプランとして「おかわりSIM」というものがありました。こちらは1GBまで500円から5GBまで1500円を上限とした5段階で料金が決まるプランでした。今回の190PadSIMドコモ版に合わせて、こちらは新規受付が終了しています。(現在利用中の場合はそのまま使い続けられます。)

190PadSIMドコモ版とおかわりSIMの違いは、100MBまでの料金が設定されたこと(最低維持費が190円まで下がった)、5GB以上10GBまで利用できるようになったことです。ただし、料金としては若干上がっているようです。これまでおかわりSIMを使っていて、1GBから5GBで収まっていた場合は、とくに移行する必要はなさそうです。

190PadSIM おかわりSIM
100MBまで 190円
1GBまで 540円 500円
2GBまで 890円 750円
3GBまで 1,240円 1,000円
4GBまで 1,590円 1,250円
5GBまで 1,940円 1,500円
6GBまで 2,290円
7GBまで 2,640円
8GBまで 2,990円
9GBまで 3,340円
10GBまで 3,690円

参考情報

Random Posts

au、Xperia XZ2 Premium SOV38にAndroid 10へのOSアップデートを2月25日より配信開始
GeekbuyingにてElephone A6 Miniが99.99ドル~になるセールイベントが開催中!
ドコモ版 Xperia 1 SO-03L、発売日は6月14日に!価格は10万3032円
スマホ決済のきっかけは?非接触決済利用者「スピーディーな会計」QRコード決済利用者「お得なポイント」
Google Play Points ポイント増量キャンペーン!9月24日まで100円使うごとに4ポイント
Geekbuying ブラックフライデー セール!One MixやMagic-Ben MAG1がクーポンでさらに安い!
Echo Dotが半額!Echo Flexは2台まとめ買いで2980円!
UQ mobileが台風19号に伴う支援措置としてデータ容量10GBを無償提供
mineo、月額基本料金500円×3カ月間割引や機種変更応援キャンペーンなど5つのキャンペーンを2/1より開催
mineo、音声SIMの新規契約で月額料金が3ヶ月間最大940円引きとなるキャンペーン開始
Xperia Aceの価格比較:オプションとMNPを併用して3万円を切るgoo Simsellerが圧倒的に安い
ドコモ、Galaxy S9 SC-02K と Galaxy S9+ SC-03KにAndroid 10へのOSアップデートを配信開始
LINEモバイル、LINE PayかLINEポイントで5050円相当もらえる「GoGo!2020!5,050円相当プレゼントキャンペーン」
Galaxy S10が当たる!【au Galaxy S10 発売記念キャンペーン】
IIJmio、タイプAが月額料金3ヶ月無料など3つのお得!「夏祭!トリプルキャンペーン」開催!