QTモバイルがソフトバンク回線のSタイプを2月より提供開始!3キャリア対応へ

九州電力グループの電気通信事業者QTnetが提供するMVNO(格安SIM)サービス「QTモバイル」が2018年2月1日よりソフトバンクエリアに対応した「QTモバイル Sタイプ」を開始すると発表しました。

QTモバイルはこれまでもドコモ回線の「Dタイプ」とau回線「Aタイプ」を提供しており、今回の「Sタイプ」を加えることで3キャリア全てに対応したMVNOサービスとなります。

データ+通話は月額1700円から

「QTモバイル Sタイプ」はデータ通信のみの「データコース」と音声通話も可能な「データ+通話コース」の2つが用意されます。それぞれの月額料金はデータ容量によって異なり、以下のようになります。

データコース

データ+通話コース

注意点としては、Sタイプの対象端末としてソフトバンクのiPhone、iPadをSIMロック解除不要で利用可能としています。ですが「iPhone4S以前のマイクロSIM採用端末及びandroid端末は対象外」となっています。

その他詳しい仕様はQTモバイル公式サイトをご覧ください。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧