ピーアップ、スマホ×レーシングを掛け合わせたMode 1シリーズ「Mode1 RS」を11月11日より発売

ケータイショップ テルルを運営するピーアップは、同社のスマートフォン「Mode 1」シリーズの最新機種「Mode1 RS」を11月11日より発売すると発表しました。全国のテルルおよびAmazonにて発売され、価格は22,800円(税抜)となっています。

スマホ×レーシング

機種名となっている「RS」とは、Racing +3つの「S」を組み合わせたものです。すなわち「SPEED」「SHIMMER」「STAMINA」の3つです。

ピーアップはケータイショップのテルルで有名ですが、モータースポーツ事業の運営も行っており、そこからこういったモデルが誕生しました。

ディスプレイは5インチHD液晶、OSはAndroid 7.0、CPUはMediatek MT MT6737T、RAMは3GBでストレージは32GBです。決してハイスペックではありませんが、2016年に出た最初のMode 1から比べるとスペックアップしています。

OS Android 7.0
CPU Mediatek MT MT6737T(クアッドコア 1.5GHz)
RAM 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.0インチ 720×1280 (HD)
カメラ 背面:1300万画素 前面:500万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 約70(W)×140(H)×8.9(D) mm
重量 約178g

「レーシング」というコンセプトに合う特徴としては、まず外観があります。Mode 1 MD-01Pのときと同じようなカーボン調素材に、滑らかな光沢が美しい金属フレームが本体を覆います。

また、内蔵する壁紙にはテールランプをイメージしたものがあり、オリジナルのレーシングミュージックやサウンドなどが豊富なコンテンツが公式ページよりダウンロードできます。

そのほか、オフスクリーン状態からの即時起動が可能な「Smart Screen」機能や、最短2ステップで撮影が可能なカメラ機能といった部分もレーシング、そして3つのSの1つ「SPEED」を示しています。

決してスペックが高いわけではありませんが、価格も手頃でなかなかおもしろそうな端末です。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧