シャープ、「AQUOS sense」のSIMフリーモデル「AQUOS sense lite SH-M05」を発表!

シャープは同社のスマートフォン新スタンダードシリーズ「AQUOS sense」のSIMフリーモデルとして「AQUOS sense lite SH-M05」を発表しました。基本的にはドコモやauから出るAQUOS senseと同スペックで一部仕様が異なるモデルとなります。発売は2017年12月上旬を予定。

一通りそろったスタンダードモデル

AQUOS sense lite SH-M05は5インチのフルHD IGZO液晶ディスプレイを搭載。高精細で明るい表示やタッチパネルの高精度化、省エネルギー化を実現しています。RAM3GBとストレージ32GBを備え、防水防塵におサイフケータイ、伝言メモ、緊急地震速報にも対応し、一昔前に「全部入り」と言われたような、確かに「スタンダードシリーズ」と言えるスマートフォンです。

基本的なスペックはキャリアから出ているAQUOS senseと同じですが、以下になります。

OS Android 7.1
CPU 1.4GHz(クアッド)+1.1GHx(クアッド)
RAM 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5インチ 1080×1920 (FHD)
カメラ 背面:1310万画素 前面:500万画素
バッテリー 2700mAh
サイズ 約144 × 72 × 8.5 mm
重量 約147g

微妙な違いも

各キャリアからも出ているAQUOS senseですが、このAQUOS sense liteと基本スペックは同じでも微妙な差はあるようです。

左がAQUOS sense liteで右がドコモ版のAQUOS sense SH-01Kです。すぐに分かるのはスピーカーの位置が異なることです。このほかにも厚さが0.1mm薄くなっていたり重さが1g減っていたりします。

プレスリリース等で詳しく書かれていないので確定ではないのですが、前面ガラスの縁の処理が違ったり、背面も素材が違って質感が異なるという情報もTwitterで流れています。そういうところで差別化というか、コストダウンを図っているのかもしれません。

価格等は発表されていませんが、コンセプトムービーの中でも「スペックの高さよりも、手頃な価格で自分にフィット」というようなことを挙げているので、期待したいところです。発売日は2017年12月上旬予定です。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧