Wiko Tommyに再びアップデート配信 おかしかった日本語もほぼ直る

先月末に発売されたWikoの低価格スマートフォン「Tommy」に再びアップデートが配信されていました。発売直後(もしくは発売時)にもアップデートがあったので、これで2回目のアップデートとなります。

軽いアップデート

アップデートファイルの容量は10.69MBなので、比較的軽いアップデートとなっています。内容の詳細については特に記載されていません。アップデート後のビルド番号はMMB29M release-keys、カスタムビルドバージョンはP4903JP Marshmallow 6.0 (17)、Androidセキュリティパッチレベルは2017年2月5日となっています。

アップデート内容の詳細はわかりませんが、とりあえずおかしかった日本語部分が直っています。もしかしたらまだ残っているかもしれませんが、軽く確認した範囲では特におかしな点はありませんでした。

約1万5千円とかなり低価格なスマートフォンですが、こうして細かいアップデートが行われるのは好印象ですね。Wikoの今後の日本展開については下記番組でも語られるようです。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧