不具合・問題

FREETEL、発売延期されたRAIJINの発売日を明日に控え、早くも不具合を発表-対応方法の案内も

20170125-raijin-1

FREETELブランドのプラスワン・マーケティングは、発売日が明日2017年2月1日に延期された冬の新モデル「雷神 RAIJIN」について、一部ソフトウェアの仕様や不具合を発表しました。ソフトウェアの仕様については対応方法も示されているので、購入予定の方は一度チェックしておくといいでしょう。

なお、不具合のあるモデルは発売日時点のもので、ビルド番号が「FREETEL_FTJ162E_20170107」のものです。

1.ハードウェアキー長押し機能の機能割当がきかない

20170131-raijin-1

ハードウェアキー(ホームキー)の長押ししたときの動作(機能)を変更できるのですが、それが実際には「なし」以外のどれを設定した場合でも、全て「Google音声検索」になってしまいます。これは今後のアップデートで対応予定です。

2.ツムツム起動時に慌ててタップすると進まない

『LINE:ディズニー ツムツム』のアプリを起動する際、オープニング中に画面をタップすると正常に起動されず、応答しなくなる場合があります。【TAP TO START】という表示が出るまで待ってからタップします。

応答しなくなった場合は、アプリ履歴からツムツムを削除しちゃんと終了させてからもう一度起動します。

3.デフォルトでUSBデバッグが有効

特に何かが問題となるわけではないのですが、初期状態で既にUSBデバッグが有効状態になっているとのことです。(おそらく開発者オプションも?)
PCに繋いだ時に「USBデバッグが接続されました」と通知表示されるので、それをタップして開発者オプションに入り、「USBデバッグ」をオフにするか、開発者向けオプション自体をオフにすればその表示は出なくなります。

開発者向けオプションは、そこでいろいろできますが、通常は初期状態では隠しメニューになっています。


どれも致命的なものではありませんが、少しおそ松というか確認作業が足りなかった感がありますね。もともと発売延期の理由が「工場出荷遅延のため」でしたが、本当に時間が足りなかったようです。9日のマットネイビー発売までに修正アップデートが配信できるでしょうか。

参考情報

Random Posts

Googleのあのフォントを自分のホーム画面カスタマイズで使う方法
楽天モバイル、Rakuten UN-LIMIT VにSIMのみの申し込みで6,000ポイント還元!合計で最大12,300円相当還元!
エントリーパッケージと紹介URLを使って、お得にmineo始めよう
Unihertz Titan レビュー:意外と使えるし使って楽しい!重くてデカくて物理キーボード搭載のタフネススマホ
プライム会員限定でAmazon Music Unlimitedに新規登録で最大700ポイント
フルスクラッチ系ウォッチフェイスメーカーアプリ比較
Amazon、Echo Dotが2台まとめ買いで5,980円オフ!2台買うと1台分が無料に!
Pixel 4でIIJmioのeSIMを契約してみた!今なら初期費用1円・月額520円(終了)
KDDI、「INFOBAR xv ミニクッション」が当たるキャンペーンを開催
無地の背景に溶け込む【あなたのホーム画面見せてください 2019】
IIJmio、タイプAが月額料金3ヶ月無料など3つのお得!「夏祭!トリプルキャンペーン」開催!
ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル、店舗での受付業務を縮小や営業時間を短縮
ASUS、ZenFone 5ZにAndroid 10へのFOTAアップデートを開始!
今話題のRakuten Miniが2週連続の1位!週間SIMフリースマホ実売TOP10【BCNランキング 6/1~6/7】
筆圧感知やショートカットに対応したスタイラスペン「SonarPen」が15%オフの限定クーポンを配布