ドコモ モバイル社会研究所、スマホ・ケータイの利用状況を独自調査したデータブック「データで読み解くスマホ・ケータイ利用トレンド2016-2017」

20161012-docomo-1

NTTドコモのモバイル社会研究所は「スマホ・ケータイ」の利用状況を独自に調査した結果をまとめたデータブックとして「データで読み解くスマホ・ケータイ利用トレンド2016-2017」を10月13日に発刊します。スマホ・ケータイの利用状況やその移り変わりをデータで解説など、オリジナル調査による豊富なデータが収録されています。

豊富なデータなどを収録

「データで読み解くスマホ・ケータイ利用トレンド2016-2017」では以下のようなコンテンツを読むこととができます。

  • 第1章 スマホ・ケータイの所有・利用状況
  • 第2章 スマホ・ケータイコミュニケーション
  • 第3章 コンテンツとメディア
  • 第4章 子どものスマホ・ケータイ利用
  • 第5章 シニアの生活実態とICT利用
  • 第6章 ケータイをめぐる法制度概説
  • 補章 本書におけるオリジナル調査概要

ドコモの紹介ページでは詳しい図表リストや、28ページの抜粋PDFを読むことができます。なかなか興味深い内容となっておりますので、ケータイ・スマホに興味がある方は抜粋だけでも見てみてはどうでしょうか。

参考情報

  • ケータイ社会白書2016-2017 | 企業情報 | NTTドコモ
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧