その他

SIMフリー端末・格安SIMでも利用できる災害用伝言板サービス

20160414-saigai-1

2016年4月14日、熊本県にて最大震度7の地震が発生しました。これを受け、ドコモ、au、ソフトバンクでは被災地域の方々が安否確認できる手段として、災害用伝言板の提供を開始しました。

ドコモ⇒http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi
au⇒http://dengon.ezweb.ne.jp/
ソフトバンク・ワイモバイル⇒http://dengon.softbank.ne.jp/J

ただ、これらは基本的にそのキャリアを契約している人が自分の安否を登録するものです。ではMVNOの格安SIMを使っている場合にはどうすればいいのでしょうか。そういった場合に使えるサービスサイトがあります。

Googleパーソンファインダー

20160414-saigai-220160414-saigai-3

パーソンファインダー (安否情報): 日本

Googleが提供する安否確認用のサイトです。

安否情報まとめて検索 – J-anpi

20160414-saigai-420160414-saigai-5

安否情報まとめて検索 – J-anpi

こちらはNTTレゾナントなどが提供するサービスです。

使い方

どちらのサイトも使い方は簡単で、安否の確認をしたい人の名前や電話番号を入力すれば検索されます。また、これらのサイトとキャリアの災害用伝言板の情報は、それぞれ一括で検索することができます。どれを使っても大丈夫です。こういうときに情報が分散されるのは良くないですからね。

これらのサービスはキャリアに縛られたものではなくウェブサービスとして災害時に提供されるものです。(災害時以外は体験版などで、実際の可動はしていないようです。)これならMVNOの格安SIMを使っている場合にも情報を登録したり検索できます。PCからも利用できます。

格安SIMを使っている人なら、いざという時のためにも、こういうサイトをチェック、またブックマークしておきたいですね。これらのサービスは2010-2011年ごろに作られたようですが、恥ずかしながら私も今回初めて知りました。ちゃんとブックマークしておこうと思います。

参考情報

Random Posts

ワイモバイル、オンラインストアにおいて事務手数料無料キャンペーンを開始!
LinksMate、新規契約で最大7800円割引、SIMもう1枚もらえるなど「秋トクキャンぺーン」を開始!
BlackviewはMediaTek Dimensity 1000 5Gチップセットを搭載する世界初のタフネススマートフォンメーカーに
日本初のAndroid搭載スマートフォンHT-03A発売から10周年
Xiaomi、ついに日本参入へ!12月9日に東京で発表会か
メイン利用している格安SIM、上位は変わらず1位 楽天モバイル、2位 mineo、3位 UQ mobile
Banggood割引クーポン情報:Mi Mix 3が469ドル、Mi 9 SEが319.99ドルなど
月間アクセスランキング【2020年8月】
Geekbuyingの7周年アニバーサリーセール Part2! Mi Band 4もクーポンあります!
P30 liteが約2ヶ月ぶりの1位!週間SIMフリースマホ実売TOP10【BCNランキング 7/13~7/19】
シャープ、AQUOS sense3 plusを発表!6インチIGZO液晶に4000mAhバッテリー、Snapdragon636搭載
「コメント付リツイート」ではなく「引用ツイート」ワンタップで一覧表示も可能に
ドコモ、Xperia XZ2 SO-03K / XZ2 Premium SO-04K / XZ2 Compact SO-05K / XZ3 SO-01LにAndroid 10へのOSアップデートを配信開始
マイナンバーカードを健康保険証として利用できるようになるので、まずは事前登録
au、Galaxy Z Flipを2月28日発売、価格は税込179,360円!