MVNO/SIM

音声付でも月額700円~!月間500MB未満は無料でLTE通信できるSIM「0 SIM(ゼロシム)」発売!

20160126-0sim-1

ソネットは1月26日、月間500MB未満なら無料でLTEの高速データ通信が可能なSIM「0 SIM(ゼロシム)」をソネットのWebサイトにて開始しました。

先月話題となった「デジモノステーション2月号」の付録として付いていた「0 SIM by So-net」が、SIM単体で一般販売された形です。

0円スタートの二段階定額制SIM

『0 SIM』は、ソネットのPLAY SIMと同じように NTTドコモの4G/LTEネットワークに対応した、いわゆる格安SIMです。下り最大225MbpsのLTE高速データ通信が可能です。

一番の特徴はなんといってもその料金形態です。『0 SIM』は、 月間データ通信量に合わせた「二段階定額制」を採用、そのスタートが(データ専用プランの場合)0円からとなっています。

20160126-0sim-2

「データ専用プラン」は、 月額料金0円スタートで500MB未満は無料、 500MB以降100MBごとに税抜100円の従量加算となり、 1,600円(2GB)でストップします。 2GBから5GBまでは1,600円定額で高速通信を利用でき、5GBを超えた場合は制限がかかり、当該月末まで200kbpsとなります。ただし追加でチャージすることも可能です。

データ通信量に合わせて料金が加算されていく形はFREETEL SIMやb-mobileおかわりSIMなども同じですが、月500MB未満なら無料で通信できるというのはインパクトあります。500MBと言うと、メインで使用するのはかなりキツイと思いますが、メールしかしないような人ならこれでも大丈夫かもしれません。500MBを超えたとしても、2GB1600円でストップするので使いすぎの心配もありません。

なお、月額0円のSIMといえば、過去に日本通信も過去に「基本料0円SIM」というものを出していましたが、現在は新規受付を終了しています。(もっともこれは100MBで3600円に達するという、現在の基準では高すぎるものになってしまいました…。)

SMS機能付き、音声通話機能付きのプランも登場

デジモノステーションの付録はデータ通信専用のnanoサイズのSIMのみでしたが、今回発表されたものは標準/micro/nanoの3サイズ揃っており、さらにSMS機能付き、音声通話機能付きのプランも用意されています。料金はデータ+SMSプランは150円、データ+音声プランは700円が加算されることになります。データ通信をほとんどしないのであれば月額700円で音声通話も含めて維持できますね。

利用料金

データ専用プラン データ+SMSプラン データ+音声プラン
月額料金 0円~1,600円 150円~1,750円 700円~2,300円
ユニバーサル
サービス料
月額料金に含む 2円/月 2円/月
SMS送信料 3円~/1通 3円~/1通
音声通話料金 20円/30秒
留守番電話 300円/月
キャッチホン 200円/月

その他の料金

初期費用(登録事務手数料) 3,000円
最低利用期間 解約違約金
(データ+音声プランのみ)
5,200円
MNP転出手数料
(データ+音声プランのみ
7,000円
SIM切替手数料 3,000円
SIM交換手数料 3,000円
チャージ料 100MB:500円
500MB:2,100円
1GB:3,800円

0SIMの注意点

0円で500MB未満まで使えるSIMとしてデジモノステーションのときから注目されていましたが、いくつか注意点もあります。

  • 途中でプラン変更は不可。改めて新規契約となる。
  • SIMカードの契約は1人1枚まで。
  • 音声付きプランは12ヶ月の最低利用期間がある。
  • 解約時はSIMカードの返却が必要。返却がない場合はSIMカード損害金として3000円。
  • 3ヶ月連続してデータ通信の利用がない場合は自動的に解約。ただし音声通話対応プランは除く。
  • 契約はクレジットカード必須。(デビットカードやプリペイドカード、ならびに一部の海外発行のクレジットカードは登録できない場合があるとの記述。)

3ヶ月連続でデータ通信しないと自動解約となってしまうので、完全放置というわけには行かないようです。月間わずかな通信を定期的にするような、そんな用途には適しているかもしれません。また、音声通話対応プランの場合はこの自動解約もないようなので、月額700円で携帯電話回線を維持する、という目的でも使えるかもしれません。

人を選ぶSIM

内容的にはデジモノステーションの付録で付いていたものと変わりません。実際にスマホでの利用開始方法などは、過去の記事を参照してもらえればと思います。回線速度的にも、そう悪くない程度は出ていたと思います。

月額0円はすごいですが、実際に500MB未満で済むという人はそういないと思います。また、現在のSIMに無料でプラス500MBと考えても、それだけのために3000円の初期費用とSIM切り替えの面倒をどう思うか、ですね。
格安SIMはどのSIMでも同じですが、自分の使用量や利用シーンなどをよく考えて契約したいものです。

参考情報

Random Posts

ASUS、ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL)にAndroid 9へのFOTAアップデート開始!
BCNランキング SIMフリースマホ実売台数TOP10 (10/28~11/3) Reno Aが再びトップ! A5 2020も5位とOPPOが好調
ドコモ、一部Galaxyでアップデートを推奨:2019/1/1以降、「おまかせロック」「遠隔初期化」が一部利用不可に
UMIDIGI、スマートクロック兼Bluetooth 5.0スピーカー「UMIDIGI Uwake」を発表! 9/11発売
回線チェッカー:楽天モバイルで自社回線か確認するにも便利な、接続回線の確認アプリ
東京ゲームショウ2019のGoogle Play ラリーがなかなか厳しかった件
BCNランキング SIMフリースマホ実売TOP10 (1/20~1/26) AQUOS sense3とP30 liteが激戦を繰り広げる
1万円引き!LINEモバイルの「格安スマホ歳末セール」開催中!
Redmi Note 9S が「ん」を打とうとすると誤爆するのでキーボードの位置を微調整
Redmi Note 9S用にミヤビックスの低反射タイプ保護フィルムOverLay Plusを購入!
楽天モバイル、Rakuten UN-LIMITへのMNPによる契約とMVNO「楽天モバイル」からの移行の先行申し込みを開始
ドコモ、AQUOS sense3 SH-02MにAndroid 10へのOSアップデートを配信開始
1万円台前半で買えるアクションカメラ「MUSON MAX1」を使ってみた:惜しいところもあるけども高コスパカメラ
LINEモバイル、旧プランユーザーは新プランに変更すべきか否か
【大募集】8周年感謝企画 あなたのホーム画面見せてください!2018