Fusion Clock

Fusion Clockは時計盤の一部だけしか見えないようになっている、ちょっと不思議な表現のアナログ時計ウィジェットです。

ウィジェットの大きさは2×2サイズのみです。
タップするとアラームが起動しますが、それ以外に特に機能はありません。単純なアナログ時計と思ったほうがいいでしょう。

時計盤の内側の円の外側にある点は短針「時」を表しています。

そして外周の円は一部だけが欠けていて、そこだけ下が見えるようになっていますが、これが長針「分」を表しています。が、その下に見える文字は1-12の普通の時計盤と同じです。どうせ分を表すのであれば0-59の「分」を表示すればいいのに、とも思いますが…。

パッと見の視認性はあまり良くないかもしれませんが、ちょっとオシャレに見えなくもないアナログ時計です。シンプルすぎるアナログ時計などが好きな人には相性が良いかもしれません。

Fusion Clock
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧