アプリ

WidgetsHome ベータテストに参加してます。

以前、6月でしたか、Widgetsというホームアプリについて少し書きました。
Widgetsという名のホームアプリ | orefolder.blog

これのβテストが始まったので、テスターとしてインストールしてみました。基本的にGoogle+をやっていれば誰でもテスト参加できるので、その方法から書いていきたいと思います。

ベータ版のインストール方法

131010-1

まずはGoogle+のWidgetsコミュニティに入ります。検索して見つけてください。

131010-2

ベータテスターのお誘い的な書き込みがあるので、そこからGooglePlayのリンクを踏みます。

131010-3

あとは普通のアプリのようにダウンロードします。

このように、Google+ではアプリのベータ版を一部のテスター向けに公開することができるようです。今ふつうにPlayストアでWidgetsHomeを検索しても、このベータ版アプリは出てこないと思います。

WidgetsHomeを試す

131010-4

アプリインストール直後は、このようにデフォルトの画面を4種類から選びます。
好きなレイアウトを選びましょう。

131010-5
3Gridタイプを選ぶとこうです。

3つのグリッドに、それぞれ時計やカレンダー、バッテリー情報が並んでいます。

131010-6 131010-7

左側からフリックすると、最近使ったアプリが並ぶランチャーが起動します。普通にドロワーもありますが、このサイドメニューだけで済んでしまうかもですね。
右側はスクリーンの追加や順番変更になります。

131010-8 131010-9

グリッドに分かれているのが特徴ですが、このグリッドを長押しすると編集モードになります。
左右にフリックすると、バッテリーなど同じ種類で違うデザインに変わり、上下にフリックすると別の種類のグリッドに変わります。
現在のところ、基本的に時計・カレンダー・設定・バッテリー・アプリ・その他普通のウィジェットの6項目あります。

131010-10

適当に切り替えるだけで、カラフルに見た目をチェンジできます。
その日の気分で機能はそのままにカラーチェンジ、といったところでしょうか。

131010-11

アプリのショートカットを置くグリッドや、普通のウィジェットを置くグリッドもあります。ウィジェットは自動的に大きさが最適化されて表示されますが、ウィジェット内でのスクロールがうまくいかないなど、まだまだベータ版っぽいところがあるようです。

まとめ

こうやって一部のテスター向けにベータ版を配布できるというのは面白いですね。
あくまでβテストなので、アプリ自体が完成されているわけではありません。インストールしてみて気になるところがあった場合は、どんどん報告しましょう。

Random Posts

TCL PLEXが発売記念価格9,000円!オプション加入なら6,000円!goo Simsellerにて販売開始!
LINEモバイル、OPPO「Reno 10x Zoom」発売記念で端末代10,000円引きキャンペーンを実施!
KLWPで今年の残り日数や残り時間を表示して時間の大切さをホーム画面に刻み込む
プライム会員限定、Echo DotとAmazon Music Unlimited 2ヶ月分がセットで2980円!
Ankerが11月18日限定でAmazon「特選タイムセール」にて20製品を販売!最大30%オフ!
Twitterがタイムラインから横スワイプでリストに移動できる機能のテストを予告
ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL)が販売再開!
BIGLOBEモバイル、新規契約での特典を増強!初期費用0円に加え各種値引きや還元も!
虚【あなたのホーム画面見せてください 2019】
Redmi Note 9S用にミヤビックスの低反射タイプ保護フィルムOverLay Plusを購入!
Black Shark 3(8GB+128GB)が国内発売!Glimpse他、Yahoo!ショッピングや楽天市場でも購入可能
東京メトロの「後楽園駅」「溜池山王駅」にモバイルバッテリーのレンタルスタンド「充レン」設置
UMIDIGI S5 Pro発表!ノッチなしポップアップカメラでHelio G90T、6GB RAM搭載で5月に発売予定
UMIDIGI X は179.99ドルで8月26日発売!Xiaomi Mi A3 キラーとなるのか!?
LINE Liteを使って、同じLINEアカウントを2つのスマホで使えるようにする方法