Moogly To Do List Widget Lite

Moogly To Do List Widget Liteは背景色やテキストカラーなどが細かくカスタマイズできるtodoリストのウィジェットです。

ウィジェットのサイズは2×2、2×4、4×2、4×4の4種類です。パッと見の見た目や機能は普通のtodoリストと同じようなもので、ウィジェットの+ボタンをタップすれば新しいタスクを入力することができて、×ボタンをタップして消したいものを選べば消去できます。終了したタスクは左の□をタップでチェックマークを付けることができます。(右側に変更もできます。)

ADWなどのホームスクリーン上でウィジェットのスクロールが出来るものに置いた場合は、このウィジェットもスクロールが可能となります。

見た目は幾つかのテーマがあらかじめ用意されています。それらを選ぶだけでもそれっぽいものにすることはできますが、それが気に入らない場合はさらに自分で細かく調整することができます。見た目の変更が出来る部分(Appearance)は以下のとおり。

Theme あらかじめ用意されたテーマから選ぶ
Right to left support チェックマークを右側に
Text Size テキストサイズ
Text Color テキストの色
Background color 背景色
Background Image ギャラリーから背景にする画像を選ぶことができる。選択後、もう一度タップすると選択を解除できる
Complete text color 終了した(チェックした)リストの色
Vertical line チェックマークとの間の縦線の色
Horizontal line 行ごとの横線の色
Border color ウィジェット全体の枠線の色

また、このLite版は「ウィジェットを同時に1つしか置けない」「タスクを5つまでしか設定できない」という制限があります。有料版のMoogly To Do List Widgetになるとこれらの制限は外れます。

Moogly To Do List Widget Lite
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧