RingCommander Free

RingCommander Freeはリング状に展開するランチャーウィジェットです。

ウィジェットのサイズは1×1で、タップするとリング状にアプリアイコンが5つ表示され、それをタップすることで起動することができます。Launcher Dockと似た様なアプリですが、こちらは1つのウィジェットに複数ページを持たせることができます。

アプリの登録は、まずウィジェットを設置しRingCommander Freeを起動させます。すると銀色の球体が現れます。メニューボタン→設定で銀色の球体をタップすると、そこに設置するアプリを選ぶことができるようになります。

Free版では1画面に5つのショートカットを置くことができます。これが有料版のRingCommander Plusになると倍の10個まで置くことができます。また、1つのウィジェットでこの画面を4ページ(Plusでは8ページ)まで設定する事ができます。

設定画面でさらにメニューボタンを押すことでRingCommander自体の設定を行うことができます。ここではページ数やアイコンカラーの設定ができます。アイコンカラーはデフォルトの緑色のものと、カスタムを選ぶことができ、カスタムでは自由に色を変化させることができます。

ウィジェットは複数を同時に設定することができ、それぞれに別々のショートカットを設定できます。1つのウィジェットに数ページ置いてもいいですし複数のウィジェットに1ページずつ設置してもいいでしょう。

RingCommander Free
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧