UberMusic

UberMusicはスキンにも対応したUIがスッキリクールな音楽プレイヤーです。有料のアプリとなりますが、広告の付いた無料版も開発中とのことです。

このアプリはホームアプリで有名なLauncherProの作者が作った音楽プレイヤーです。これまでベータ版ではデフォルトのスキンが某プレイヤーにそっくりだったりしましたが、正式版ではまた少し変えての登場となりました。

ウィジェットのサイズは4×4、4×3、4×2、4×1、2×1、1×1の6種類あります。2×1ではジャケットは表示されず、プレイヤーの操作ボタンだけになります。ウィジェットとアプリ画面で別々のスキンを当てることができるのが便利です。

大きめの文字ですっきりした画面は操作がしやすく、わかりやすいです。再生中の画面ではアルバムジャケットを表示するのと同時に、背景にまた別の画像を表示します。これはこちらで指定したものではなく、ネット上で自動的に収集したものが表示されるようです。よって、ごく稀にまったく関係のない画像が表示されることもあるようです。

基本的にメニューや設定など日本語でも表示されますが、タブ部分など日本語ではカッコ悪いという場合には表示を英語にすることもできます。操作自体は言語に頼らずともそんなに迷うこともないので、英語表記にしてしまったほうがスッキリするかもしれませんね。

ウィジェットで表示している時、アルバムジャケット画像が登録されていない曲になると、その前に聞いていた曲のジャケット画像がそのまま残ってしまいます。そこがちょっと残念なところでしょうか。

スキンについてはマーケットでも有料無料いろいろ出ていますので、いくつか試してみるといいと思います。

UberMusic
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE