Missed It!

Missed It!はカスタマイズ自在な、メールの未読数や不在着信数を表示するウィジェットです。(有料アプリです。)

機能としてはメールや不在着信の数を表示するというシンプルなものです。ウィジェットのサイズは1×1から4×4までの16種類あります。どんな場所にでも当てはめることができるので便利です。

デフォルトは不在着信・SMS・E-Mailの未読数を表示するようになっていますが、他のアプリの通知数も表示することができるようです。

設定項目はすべて英語なので、少し解説していきます。

Monitored elements

どのアプリの通知をするのかを設定します。メニューボタン→Addで追加することができます。削除したい時は項目部分を長押しでRemoveです。
アプリ名をタップするとそれぞれの設定です。Parameterは、後で出てくるOutputで必要となるもので、設定名のようなものです。Singularは通知数が1のときのテキスト、Pluralは0または2以上のときのテキスト表示です。

Output format

ウィジェットに表示する文字のフォーマット設定です。Customizeで実際に表示される文字列を決めます。[calls][msgs]といった部分は、通知数が表示されます。先ほどの設定で決めたParameterの数字になります。それに_strが付いた[calls_str]などは、Singularなどで決めた文字列が表示されます。
改行する場合は[nl]を入力してください。この設定内で改行してもウィジェットには反映されません。

Show numbers as textにチェックを入れると、通知数が数字ではなく文字列(oneやtwoなど)で表示されます。

Always show outputにチェックを入れると、通知数が0のときでも表示されます。チェックを外すと通知数が0の時はその項目自体が表示されなくなります。

Appearance

ここでは要素ごとのスタイルを設定します。
Numeric parameters…数字部分
String parameters…[calls_str]などの部分
Static text…Output formatのCustomizeで入力したそのほかの文字部分
それぞれ数字が0の時とそれ以外の時で別々に設定することが出来ます。SDカードに保存した(sdcard/fonts/)フォントファイルを指定することも出来ます。
Background…ウィジェット背景を設定します。透過度も設定できるので、背景完全透過にもできます。
Shadow…背景項目内にありますが、文字列につける影付きです。

Layout

Horizontal alignment…水平方向の右寄せ左寄せ中央揃えを選びます。
Vertical alignment…垂直方向の上寄せ下寄せ中央揃えを選びます。
Line separation…行間設定
Inner margin…ウィジェット内側の余白
Outer padding…外側の余白
(Outer paddingは背景の外、Innerは背景の端から文字列までの余白となります。)

Missed It!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE