Migiued

Migiuedはオーバーレイ表示で画面隅に日付や時間、バッテリー残量を表示するアプリです。

Miguiedは「ミギュード」と読み、右上ディスプレイの略なのですが、右上に限らず左上、中央下など6ヶ所に表示させることができます。

まずはMigiuedを起動し、設定画面最上部の「Migiuedを表示」のチェックを入れれば表示されます。

設定も細かく行うことができます。色設定では日付・曜日・時間・電池残量・背景の色をそれぞれ設定することができます。また曜日は各曜日ごと、電池残量については残量10%ごとと充電中それぞれで色を指定することができます。


表示される文字のフォントはあらかじめ用意された6種類のほか、SDカードの中のフォントから選んで表示することができます。サイズも調整できますし、太字にすることも出来ます。


表示できるのは年・月・日・曜日・時間・電池残量の6種類ですが、もともとステータスバーには時間も表示されているので、表示したくない項目は非表示にも出来ます。また、フォーマット設定を行うことで西暦/和暦の切り替えなどの細かいフォーマットを調整することができます。


更に、マイフォーマット設定を使うことで、表示を思い通りにカスタマイズすることができます。マイフォーマットではパターン文字を組み合わせることで表示形式をカスタマイズします。yyyyが2012となるようなものです。パターン文字を使わず、普通のテキストを入力すればそれがそのまま表示されます。「活動限界まであと%%%です」とすれば「活動限界まであと20%です」のように表示されることになります。

マイフォーマットでは表示を3行まで表示することができます。1行をさらに2つに分け、合計6個にわけてあり、それぞれに色設定を行うことも出来ます。マイフォーマットで使用できるパターン文字は以下のようになっています。
y:年(西暦:2012)
#:年(和暦:H24)
@:年(和暦:平成24)
M:月(1-12)
d:日(1-31)
E:曜日(月-日)
H:時(0-23)
k:時(1-24)
K:午前/午後の時(0-11)
h:午前/午後の時(1-12)
a:午前/午後
m:分(0-59)
%%:電池残量(0-100)
なお、yyにすると年の下2ケタ(2012年なら12など)になり、MMにすると1桁の月の時に0を加えて2ケタ表示になります。

オーバーレイ表示なので、フルスクリーン表示のアプリを起動しているときにも表示されます。うまく工夫して便利に使えるといいですね。

Migiued
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE