design:watch お洒落なwidget&clock

design:watch お洒落なwidget&clockはテキストベースで時刻・日付・バッテリー残量を自由にカスタマイズして表示するウィジェットと置き時計のアプリです。

ウィジェットのサイズは5×2、5×1、4×3、4×2、4×1、3×4、3×2、3×1、2×5、2×4、2×3、2×2、2×1、1×4、1×3、1×2と豊富に用意されています。
このサイズごとにウィジェットのデザインが分かれており、それぞれをカスタマイズすることができます。


アプリを起動するか、ホーム画面上に設置したウィジェットをタップすると、置時計モードになります。
ウィジェットのものもそうですが、Portrait(縦表示)とLandscape(横表示)でデザインを別々に設定することができ、端末の画面回転に連動して切り替わります。


メニューから「デザイン」を選び、カスタマイズするウィジェットサイズを選ぶとデザインモードへと移ります。

本アプリでは表示されているパーツそれぞれを「Face」と呼びます。
Faceの1つをドラッグすると表示位置を移動することができます。日本の指でピンチイン・アウトすることでサイズ変更、回転させて90度回転することができます。微妙な位置調整には左下のカーソルを使用します。

Faceをタップするか、メニューからFace一覧でFaceを選ぶことでFace設定になります。


Face設定では実際に表示する文字列、そのフォント設定などを行うことができます。

ここで設定したテキストの横配置・縦配置によって、プレビューでのFaceに付く+の位置が変わります。+の位置がある場所がそのテキストの基準点になります。


フォントは外部のものを使うことはできませんが、アプリ内で20種類以上のものが用意されています。これだけあれば、気に入るものもあるのではないでしょうか。


文字列の入力欄の横にある「変数」をタップすると、「時」「分」「曜日」などの値に変換されて表示される変数を選択して入力することができます。

変数として用意されているものは以下のようになっています。

変数 説明 表示例
%Y 年 4桁数字 2012
%M 月 2桁表示 09
$M 月 文字列 September
$3M 月 3文字形式 Sep
%D 日 2桁数字 05
$ST 日のst,nd,rd,th th
$D 日 文字列 Twentyfourth
$W 曜日 Monday
$3W 曜日 3文字形式 Mon
%h 時 2桁数字 03
$h 時 文字列 Nineteen
%m 分 2桁数字 13
$m 分 文字列 Twentyseven
%s 秒 2桁数字 30
$s 秒 文字列 Zero
$ap am/pm am
$td Times of the Day Evening
%b 電池残量% 100
$b 電池残量%文字列 Ninetyseven
$ac Chargingか空白 Charging
$R 設定モード

ウィジェットでは秒表示の更新は30秒毎に行われます。置き時計モードでは1秒毎の更新になります。

基本的に、同じウィジェットサイズで違うデザインのものを作成して表示することはできません。ただし、本アプリに日本語フォントと漢数字表示に対応したdesign:watch 漢字対応 widget&clockがありますので、両方インストールすれば実質サイズごとに2つのデザインを表示することができます。ただ、漢字対応版は日本語フォントが内蔵されているため、かなり容量の大きなアプリになっています。

また、unlockerを購入することで、広告の除去と、カスタマイズしたデザインをxml形式で保存することができます。保存されたxmlを読み込むことは無料版のままで使用することができます。

もとから用意されている時計のデザインがカッコイイので、とくにカスタマイズしなくても、そのままで十分使えるウィジェットだと思います。最初はそれを自分に合わせて改造するというのが理解しやすくていいと思います。

design:watch お洒落なwidget&clock
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE