バズ・カスタムウィジェット ベータ

バズ・カスタムウィジェット ベータは時計やバッテリー残量などを自分で好きにカスタマイズして表示できるウィジェットです。

GlaejaやUCCWなどカスタマイズ系のウィジェットはたくさんありますが、どれかというとUCCWやMake Your Clockに近い印象を受けます。

ホームアプリのBuzz Launcherと同じデベロッパのアプリで、とうぜんBuzz Launcherとの相性はいいです。Buzz Launcherでは他の人が作ったホーム画面を自分の端末にダウンロードできますが、例えばGlaejaで作ったウィジェットはスキンファイルを別でダウンロードしなくてはなりません。しかしバズ・カスタムウィジェットの場合は、特にスキンファイルをダウンロードしなくても(このアプリさえインストールされていれば)適用されます。(MinimalisticTextも同様に自動で適用されます。)

もちろん、Buzz Launcher以外のホームアプリで使うこともできます。

com.buzzpia.aqua.appwidget.clock-2
最初からいくつかのサンプルが用意されているので、それをいじることから始めるといいと思います。

com.buzzpia.aqua.appwidget.clock-3
オブジェクトごとに位置や大きさなどを調整できます。

com.buzzpia.aqua.appwidget.clock-4
配置できるオブジェクトは

  • テキスト
  • 画像
  • デジタル時計
  • アナログ時計
  • 日付
  • バッテリー

以上7種類

com.buzzpia.aqua.appwidget.clock-5
例えば「デジタル時計」を選ぶと、更に細かくなります。

com.buzzpia.aqua.appwidget.clock-6
ここから選ぶとようやく配置されます。あとは置かれたオブジェクトを編集してみましょう。フォントや位置、大きさなどを変更できます。

全部合わせれば、それなりの種類のオブジェクトがあります。

カスタマイズ系のウィジェットとしては後発になりますが、GlaejaやUCCWを使っている人が無理にこれに合わせる必要は、今のところは無いと思います。ただ、Buzz Launcherでホーム画面を配布するときには、このアプリで作ったものの方がいいかもしれませんね。

バズ・カスタムウィジェット ベータ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE