Tronsmart S5 レビュー:片耳でも両耳でも使える使い勝手のいい完全ワイヤレスBluetoothイヤホン

Tronsmartさまより、左右完全独立タイプのBluetoothイヤホン「Tronsmart S5」をレビュー用に提供していただきました。

再生機器との接続だけでなく、左右を結ぶ線も無い完全ワイヤレスなイヤホン、最近増えてきましたね。価格帯も音にこだわりを持つ人が使う高いものから普及帯の2,000~4,000円で使えるものまで様々です。今回紹介するのはAmazon価格で2,800円程度と、かなり手に取りやすい価格になっています。

形状などがちょっと気になったのでレビューを引き受けたのですが、これがまた案外気に入りました。外で音楽を聴く、いい音を楽しむと言うよりは、スポーツ時の使用がメインとなる私ですが、気に入ったポイントを紹介していこうと思います。

  • 耳にちゃんと固定されて抜け落ちない
  • MicroUSBで充電可能
  • ステレオモード(両耳)とモノモード(片耳)を使い分けられる
  • 音量操作が大しかない

外観

Tronsmart S5は左右独立タイプのBluetoothイヤホンなので、本体を結ぶコードは存在しません。実際に装着すると分かるのですが、この解放感は一度味わうと戻れなくなります。

また、イヤーフックが付いているので、ちょっとやそっとでは外れることもありません。実際に装着したままランニングしてみたのですが、それなりにスピードを出してみても外れそうにはなりませんでした。

このイヤーフックは柔らかくて、自分で好きなように形を変えることができます。耳の形は人によって違うので、うまい具合に位置合わせできると良いですね。ただ、走った時にはずれなかったのはこのイヤーフックのおかげとも感じなかったので、これだけで支えているわけではないようです。あくまで補助ですね。

実際の装着イメージがコチラ。そこまで大きくないので邪魔だではありません。まぁ周りから見たら「イヤホンしてる」というのはハッキリ分かる程度です。

充電はMicroUSBで

イヤーフックは外れるようになっており、実はここが充電用のUSBポートとなっています。

付属の充電用USBケーブルはMicro USB側が2またに分かれており、1つのUSBからイヤホンを左右同時に充電できます。こうした左右独立型のイヤホンだと、専用のケースなどに入れて充電という方式も多いのですが、Tronsmart S5は一般のUSBケーブルで代用できるのがいいですね。まぁ充電ケースがモバイルバッテリーのようになっているものもあるので、ここは好みによるでしょうか。私としては、専用のものよりも汎用品でなんとかなるこの形式のほうが好みです。

イヤーフックの取り外しでこの部分がゆるくなることも考えられますが、この価格であれば、その時にもう一度買うなり他のものを試すなりできてちょうどいいくらいではないでしょうか。

ステレオモードとモノモード

Tronsmart S5の機能として、私が一番気に入ったのは「ステレオモードとモノモードの2つがある」ということです。ステレオモードは通常通り2つのイヤホンから音が聞こえますが、モノモードだと左耳用のイヤホンだけでモノラルイヤホンとして使うことができます。

音楽をなるべくいい音で楽しみたい、という人には関係ない機能かもしれませんが、私のように外でのランニング時に使用する場合であれば片耳のほうが都合がいいのです。そとで両耳を塞いでしまって周囲の音が聞こえなくなると怖いですからね。モノモードであれば、片耳空いてますのでちゃんと周囲の音に気をつけながら音楽も楽しむことができます。

IPX4の防水性能(防沫形・あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない)があるので多少の雨や汗ではなんともありません。外れない・防水・周囲の音が聞こえる、コードレスでストレスフリー、この4つが揃っているので、これこそスポーツ用のイヤホンと言えます。

音質について

音の良さについては、正直語れる耳を持っていないので自信を持って言えることはありません。価格が価格ですし、過大な期待をしなければ、文句はないと思います。Amazonでの評価を見ても、悪いと言っているのはほとんど見かけません。まぁ性質上(?)音よりもほかの機能に関する評価のほうが多いですね。

ただ、モノモードにすると音質は一気に落ちます。まぁモノラルなんだから仕方ないと言えばそうなんですが。片耳で聞くような場面では、そもそも音質を求めることも殆ど無いと思いますが、その時は聞ければいい程度で考えたほうがいいでしょう。

残念なところが2つ

このイヤホン、なかなか気に入ってはいるのですが、それでも残念な点はあります。
まずはちょっと初回のペアリングが難しいところ。左右独立タイプで、ステレオモードとモノモードの2つがあるからというのもあるのですが、両方の電源を入れてからペアリング開始、というのがうまくいかないことがあります。一度ペアリングしてしまえばあとは簡単なんですが。

操作については、左右のどちらにも背中側にマルチファンクションボタンが付いてて同じように操作できます。ただ再生中に操作できるのが「1回押して再生/一時停止」「2回押しで音量アップ」だけです。音量アップはあってもダウンが無いんですね。音量を環境に合わせて細かく調整したい人にはこれは致命的です。これはどうにかしてほしかった。

また、1回押しでの再生/一時停止についても、押してから少しのタイムラグがあります。ほかのBluetoothイヤホンでは見られなかったくらいに反応が遅いのでちょっと心配になるレベルです。

音楽を聞きながらジョギングする人に使ってほしい

実際にここ10日ほど使ってみていますが、ランニング時のイヤホンは完全にこれに置き換わりました。細かい音量調整ができないのは不満ですが、先に述べたように安定性・防水・片耳・コードレスと、ここまで揃っているのがお気に入りです。

イヤホンを選ぶ基準というのは人それぞれですが、外でのスポーツ時にとりあえずでも音楽が欲しいという人には、Tronsmart S5はぴったりだと思います。もし今コード付きのものや両耳で遮音性が高いものを使っているのであれば、ぜひ本製品を試してみてほしいですね。

Tronsmart S5 Bluetoothイヤホン
4.1



音質
3.5
価格
4.5
装着感
4.0
使い勝手
4.5
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE