シャアの再来を感じさせる配色!革と赤と黒の渋い端末 Leagoo Venture 1

GearBestより、Leagooの4GスマートフォンVenture 1をレビュー用に提供していただきました。

今回は端末の中身はほぼ関係なく、その見た目、配色に惹かれてレビューを引き受けました。実際触ってみても、見た目と配色がすべてだな、といった端末でした。

先に書いておくと、普通に使いたい人にはおすすめしません。ネタ用、見た目に惹かれるのであれば持っていてもいいと思います。別にそこまで悪い端末ではありませんが、あえて買う必要も…。

赤と金の配色が特徴ある端末デザイン

Venture 1にはBLACK、ROSE RED、COFFEEの3種類のカラーがありますが、チョイスしたのはRose REDです。というか、この端末自体、実は12月のコミケ時に見せてもらったことがあり、その時から感じていたのでした。
「これはシャアっぽい」と。

異論は認めますが、なんというかこの赤と金の配色は後期のシャアを彷彿させるな、と思うのです。もしくはシャアの再来と言われたフルフロンタルの愛機シナンジュにも通ずるものがあるでしょう。いや、そちらの方が近いかな?

背面は革で、なかなか渋いです。日本の端末だとあまりこういったものはないですよね。

背面上部はカメラや指紋センサーなどがあり、なかなかゴツゴツしています。最近よくあるスッキリしたデザインとは逆ですが、そのあたりがまたモビルスーツっぽくて良いです。

端末の右側にUSBポートとSIMスロット。左側に電源&音量ボタンです。なかなかこの配置は珍しいですね。わりと電源や音量ボタンは右側に配置されるので、慣れないと戸惑います。

このゴツゴツ具合、いいですねぇ。
ちなみに指紋認証は一応できるのですが、タッチしてからロック解除まで2秒くらいかかるので、まぁ使いたいとは思いません。

持った感じ、光の具合次第では安っぽく見えるかも、いや安いんですけど。

前から見て、画面の周りに金の縁取りというのはいいですね。ちょっと豪華っぽく見えます。

Venture 1の中身

ホーム画面はドロワーがないタイプです。テーマでアイコン等が彩られており、統一感はあります。別途アプリをいればければ。

設定画面もけっこうカスタマイズされています。項目ごとにタブで分かれているのはGalaxyっぽさを感じます。

ストレージは16GBでメモリは3GBです。16GBストレージはちょっと心もとないですが、RAM3GBはいいですね。かなり余裕あります。RAMはXperiaの最新機種Xperia XZと同じだけありますね。

ちょっと面白かった点として、音量ボタンを押すと、画面上に音量スライダーとともに輝度のスライダーも表示されます。ちなみに輝度はデフォルト(自動調整でまんなかあたり)だとかなり暗い印象です。なので私は自動は切って明るめ設定にしています。

スペックとベンチマーク

簡単なスペックは以下の通り。

OS Andorid 5.1
CPU MTK6753 Octa Core 1.3GHz
RAM 3GB
ストレージ 16GB
外部メモリ microSDXC
ディスプレイ 5インチ 720×1280 (HD)
カメラ 背面:1300万画素 前面:800万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 約148.5 × 71.9 × 11.1 mm
重量 約210g

実際に動かしてみると、まぁ普通の基本動作は問題ありません。ただ指紋認証は時間かかりますし、カメラはシャッター音消せないですし、私がよくやってるゲーム『オルタナティブガールズ』はもうプレイするのが嫌になるほどガックガクでした。
ベンチマークの値以上に、重い作業は苦手な印象を受けます。

まとめ

色がシャアっぽさを感じたので飛びついてしまったのですが、普通に使うのだったり自分でお金を出して買うのだとしたら、踏みとどまったほうがいいですね。ネタ用・コレクション用としてこの色が好きなんだ!というのであれば、まぁ、あり…ですかね。

一応ほかにもブラックとコーヒーの色があり、プロモーション画像を見るとどちらもやはりシックな、フォーマルな雰囲気を持った大人のスマートフォンと言った感じです。気に入るものがあれば、どうぞ。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE