アニメに出てくるスマホを特定してみる:ろんぐらいだぁす!倉田亜美のスマホはXperia Z3!?

20161023-anime-17b

2016年冬アニメが始まって数週間が経ちましたが、ようやく見始めました。最近はdアニメストアやプライムビデオでかなりの数の最新アニメが日本全国どこでも見られるのが良いですね。

そんな2016年冬アニメの1つ「ろんぐらいだぁす!」を見始めたのですが、第1話から早くもスマホが出てきました。しかも思いっきり分かりやすい、機種を特定しやすい形で出てきました。なのでこのスマホが何の機種か、特定してみたいと思います。

「ろんぐらいだぁす!」とは

ろんぐらいだぁす!は、公式サイトによると「運動音痴な女子大生・倉田亜美が自転車と出会いサイクリングを通して成長していく“ハートフルサイクリングアニメ”」です。最近は弱虫ペダルとかで自転車も注目されていますが、ろんぐらいだぁす!はそんな競技的熱血な内容ではなく、もうちょっとぽわぽわしたもの何じゃないかと思っています。

作中で様々なサイクリングコースを走るようですが、これが実はリアルでも同じコースがあるようで、公式サイトにはアニメ内で実際に走ったコースが紹介されています。聖地巡礼に優しいアニメですね。

自転車は整備が面倒なので、そういうのちゃんとできる人か、ショップに任せられるお金とコミュニケーション能力がないと難しいですね。私は面倒くさがりなので趣味とまでは至っていませんが、一応クロスバイク(GIANT ESCAPE R3)を日々の足に使っています。

作中に登場した場面

そんな「ろんぐらいだぁす!」ですが、第1話でさっそく主人公倉田亜美のスマホが出てきます。

20161023-anime-1
© 三宅大志・一迅社/ろんぐらいだぁす!製作委員会 (dアニメストア配信第1話よりキャプチャ)

購入した自転車での初サイクリングの朝、その姿に見惚れてスマホで何枚も写真を撮る主人公倉田亜美。気持ちは分かります。私も新しいスマホ手に入れた時はこんな感じです。

20161023-anime-2
© 三宅大志・一迅社/ろんぐらいだぁす!製作委員会 (dアニメストア配信第1話よりキャプチャ)

直後に背面もしっかり描かれています。これだけしっかりとスマホが大きく描かれていれば、特定は簡単です。スマホに詳しくない人でも、パッと見で「あ、あそこのスマホか。」となんとなくは分かると思います。

ろんぐらいだぁす!倉田亜美のスマホはXperia Z3

このスマホ(の元となったもの)はおそらくソニーモバイルコミュニケーションズのXperia Z3です。

20161023-anime-3

日本ではドコモ・au・ソフトバンク各社から出ていますが、この3つで選ぶとソフトバンクのものです。もしくはグローバル版の可能性もあります。

作中のスマホの描写から特定していく

SOMY

言うまでもないですが、スマホの背面に大きく「SOMY」と書かれています。大人の事情でSONYとは書けないですが、こうして元の名前をもじった表記はよく見かけます。SONY→SOMYですね。

20161023-anime-4b

スマホ前面、左手の方にもSOMYの記述が見えます。これでソニモバ製スマホだとわかります。

そもそもXperia

最近はソニモバ以外でも同じような見た目のかなり似たスマホが出ていたりもしますが、全体的な印象でXperiaだとわかります。このあたりは数多くのスマホを見ていないとピンとこないのかもしれませんが…。

20161023-anime-5b

一応、背面側右手に隠れがちに「XBER」という文字が確認できます。XPERIA→XBERIAですね。

サイドフレームのデザイン

20161023-anime-7

次に注目するのはサイドフレーム部分のデザインです。四隅の部分に線が入っていて別パーツになっていることが分かります。これはXperiaのZシリーズに見られた特徴です。Xシリーズはこの線はありませんし、Aシリーズはわずかにあるように見えますが、背面からこんなにハッキリは見えません。

20161023-anime-820161023-anime-920161023-anime-10
左からXperia Z5 / Xperia A4 / Xperia X Performance

ちなみにZシリーズでもZ / Z1 / Z2にはこの線は見られません。

カメラ部分のデザイン

20161023-anime-6

次に注目するのは背面カメラ周りのデザインです。

20161023-anime-11
Xperia Z3 Compactの背面

最初見た時に「Xperia Z3 Compactか?」と思ったのですが、Compactシリーズはカメラのレンズとフラッシュの位置が横になっています。なのでZシリーズの中でもCompactは除外されます。

前面スピーカーデザイン

ここまで絞れてきたXperia Z3 / Z4 / Z5 を並べてみてみます。

20161023-anime-1220161023-anime-1320161023-anime-14
左からXperia Z3 / Xperia Z4 / Xperia Z5

パッと見よく似ているのですが、注目すべきは上部のSONYロゴの更に上、スピーカー部分のデザインです。

20161023-anime-4b

この、SOMYロゴと縁の間に線のようにあるスピーカー。このデザインはXperia Z3のものです。これで数あるXperiaの中でもZ3だと特定できました。カラーはカッパーが近いようにも思えますが、通常アニメではスマホなどの小道具のカラーもキャラのイメージカラーと合わせて考えられますし、改変しやすいものなので実際には存在しないピンクでも、ここでは無視します。

おまけでキャリアも

Xperia Z3は日本ではドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから出ています。しかしこの3つ、背面のデザイン…と言うかロゴの位置がそれぞれ違うんですね。

20161023-anime-16
左からドコモ版・au版、ソフトバンク版

中央にSONY、下部にXPERIAという配置はソフトバンク版のみです。このことからXperia Z3のソフトバンク版だと分かります。ただし、実はソフトバンク版Xperia Z3はグローバル版と同じデザインなので、一応グローバル版を使っているという可能性も残っています。

日本で(通常は)販売していないグローバル版を使ってるわけないじゃないか、と思うかもしれませんが、有名なところで「ご注文はうさぎですか?」の香風智乃(チノ)のスマホが日本では発売されていないXperia SPと特定されている例もあるので、可能性としては捨てきれません。

まとめ

このように、フレームのデザインやカメラ周辺の配置、ロゴなどから、ろんぐらいだぁす!倉田亜美のスマホはXperia Z3だと機種特定できました。今回はカメラで撮影している画面のUIもしっかりXperiaのカメラアプリのものでしたね。

アニメに出てくるスマホの機種特定としては今回はかなり簡単な部類だと思います。私でもわかったくらいですから…。すごい人はチラッと出ただけでも「あれは…!」と気づくらしいですね。凄いです。


なお、このようにアニメに出てくるスマホはTwitterなどでよく特定されているツイートを見かけます。そのように特定されたアニメキャラとそのスマホをGoogleのスプレッドシートでまとめています。

これはそのうちまとめて同人誌にでもしたいと思っているのですが…どうなることやら。ここに載っていないもので、何か知っているものがあればぜひ入力お願いします。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE