iAmer防水BluetoothスピーカーSP-04 レビュー:おもちゃのような質感は気軽に持ち出せる?

20160929-iamer-1

iAmer様より防水BluetoothスピーカーSP-04をレビュー用に提供していただきました。iAmerというブランドには覚えがなく、検索しても日本語情報がほとんどなく、Twitterではかなり多くの人にリプライでレビューを呼びかけているなど、ホントよくわからない感じでしたが、Bluetooth接続だけでなくmicroSDカードも使えるポータブルスピーカーという点に興味を持ち、レビューさせてもらうことにしました。

しかし価格は3,888円とそれなりにしますね。
はたして、それだけの価値を生み出せる製品なのでしょうか?さっそく見ていきたいと思います。

コンパクトながらワイルドなデザインがGood

20160929-iamer-2

防水のスピーカーということでアウトドアでの使用を想定されているのでしょうか、デザインからして頑丈そうです。ミリタリーな雰囲気がしますよね。

20160929-iamer-3

アップにした写真ではわかりにくいのですが、このスピーカーは意外とサイズは小さいのです。

20160929-iamer-4

手にもすっぽりと収まります。さすがにスマホなどに比べれば大きいですが、持ち運ぶのに苦になることはありません。

20160929-iamer-5

底面などもゴツゴツしていかにもなデザインです。
ただ、質感はと言うと…とてもプラスチッキーです。これはちょっと残念でした。なんというか、ミリタリー風のデザインも相まってプラモデルのように感じてしまいます。

20160929-iamer-6

上面には大きなゴムのボタン。これだけ大きければ押し間違いもありません。再生/一時停止もワンタッチですし、+-で音量調整、長押しすれば曲送りです。
ただ、操作音というか、「Bluetooth connected」のような声がちょっと大きめです。この手のスピーカーではありがちですが、ちょっとビックリします。これも外での使用を想定しているからなんでしょうか…。

20160929-iamer-7

本体横にはカラビナが付いており、ザックなどに引っ掛けて移動することもできます。ただ重量が333gほどあるので、少し重めかもしれません。

microSDカードにも対応

20160929-iamer-8

横側面には蓋がついています。防水系のものではこういったゴムの蓋は定番ですが、ものによっては外れかかっているものがあるなど製品の良し悪しが出る部分でもあります。本製品はしっかりと塞がっており、開けるときにも適度な抵抗があって安心できます。ここはちょっと評価上がりました。

20160929-iamer-9

中には充電用のUSBポートのほか、AUXポート、microSDカードの挿入口があります。本製品はBluetooth接続のポータブルスピーカーですが、AUXで繋いだりSDカードを挿してその中の音楽を聴くこともできます。SDカードの中身を聴くときは曲順が自由にならないのは不便ですが、スマホを近くに置かなくてもいいのは利点です。

説明書はもう少しがんばってほしい

20160929-iamer-10

内容物は本体のほかにUSBケーブルとAUXケーブル、そしてマニュアルです。マニュアルは英語のみで日本語はありません。そう難しい操作があるわけではないのでいいのですが、+-のボタンで「音量調整」と「曲送り」をどう使い分けるのか等がわかりませんでした。私は一番最初に繋いだ時にいきなり大音量で慌ててしまいました…。普通に押すと音量、長押しで次曲でしたが、最初はスマホの方の音量設定もあったのか、なぜかうまく動かなかったんですよね…。

まとめ

20160929-iamer-11

スマホとBluetoothで接続できるのも便利ですが、やはりmicroSDカードも使えるというのはGoodです。スマホのバッテリーを気にすることもないですし、スタンドアローンで置いておけるのでBluetoothの範囲を気にしないで移動もできます。

IPX6の防水性能があるので、アウトドアにはもってこいのスピーカーです。ただ質感などはおもちゃっぽさがあるので、そういったものを気にする方には向かないかもしれません。高そうには見えないのでかがるに持ち出せる、とも言えるかもしれませんね。
実際の価格は3,888円…。もう1,000円安いと嬉しいんですけどね…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE