OUKITEL K10000のファーストインプレッション【orefolder スマホモニター企画】

20160223-k10000-1

orefolderさんのスマホモニター企画に参加させていただき、OUKITEL K10000という機種を貸していただきました。
私はこの機種を前々から知っていて非常に興味があったのですが、実際に使えることになり非常に嬉しかったです。

20160621-k10000-1

本体と充電ケーブルとK10000側から充電のできるOTGケーブルを送っていただきました。
それでは早速レビューをしていきたいと思います。

外装

20160621-k10000-220160621-k10000-3

見た目は非常にゴツくて強そうでした。
重量は特別測ってはいませんが、私が今まで使ってきた中で一番重いスマートフォンでした。

20160621-k10000-4

厚さも普通のスマホの2台分ぐらいあります。

ソフトウェア面

20160621-k10000-5

日本語は最初から入っておりました。

20160621-k10000-6

ホームランチャーはアイコンが特徴的です。

20160621-k10000-7

GPSは搭載しておりますが向いている向きがわかりませんでした。
土地勘があればコンパスは要りませんがどうせならコンパスもほしいですよね。

20160621-k10000-8

Antutu Benchmarkでは23000程のスコアが出ました。
クアッドコアの1.0GHzなので期待はしておりませんでしたが、XperiaZなどと同等のスコアが出ました。

このスコアならデレステもできるのでは?と思いやってみたのですが…

20160621-k10000-9

さすがに荷が重かったようです…
なお、2D軽量でも音ズレが激しくまともにプレイはできませんでした…

20160621-k10000-10

ここまで動作確認をしてバッテリーは2%しか減っていませんでした。
これは実使用で期待が持てそうです。

2回目に続きます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE