karbonn Sparkle-V メイン使用レビュー【orefolder スマホモニター企画】

20160615-sparkle-1

orefolder スマホモニター企画、karbonn Sparkle-Vの第2回目です。前回はファーストインプレッションということで簡単な印象に留まりましたが、その後に使い続けて感じたことなどを書いていきます。

メインで使用してみました

デュアルSIMということで、SIMカードを2枚挿してメインで使ってみました。

SIM1:mineo Dプラン
SIM2:docomo FOMA音声

尚、両スロットともLTEは非対応で、3Gは切り替えての使用です。
普段はSIM 1 に設定しておき、電話するときだけSIM 2に切り替えて使用していました。15秒程度で切り替えができます。
ただ時々、切り替えた時にモバイルネットワークに接続できなくなることがありました。

動作は必要十分

私はゲームはiPadでプレイしていて、スマートフォンでゲームをすることはなく、LINE・Twitter・Webブラウジングくらいにしか使いません。
そのためか、スペックが低めのこの端末でも不自由を感じることはほぼなく、本体のサイズのちょうど良さも相まってむしろ快適です。

ストレージは足りない

20160615-sparkle-2

動作に関しては不満がないだけに非常に残念なのですが、やはり本体ストレージは4GBでは足りません。
最初からGoogleのアプリがストレージ容量の多くを占めており、Googleアプリのアップデートをしただけでほとんど空き容量がなくなってしまいました。

そのためアプリはかなり厳選して入れる必要があります。
ブラウザ上でできるもの(乗換案内など)はブラウザ上で処理したほうがよさそうです。

Android 6.0で搭載されたSDカードを内部ストレージとして使う機能も使ってみましたが、SDカードにインストールできないアプリがかなり多いため、本体ストレージはすぐに一杯でインストールできなくなってしまいます。

炎天下でも画面が見やすい

晴れている日に写真を撮り忘れたので写真はありませんが、炎天下でも画面がとても見やすいです。
あまり輝度を上げなくてもしっかりと見えます。

最後に

今まで、所謂ローエンド端末に触れることはほぼ無かったため、どんなものかと思っていましたが、予想以上に使えるものでした。
今後のスマートフォン選びの参考にもなりそうです。
このような機会をいただきまして、本当にありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE