Lightning&microUSBアダプタ切り替え無しでどちらもいける2 in 1ケーブルGTH152SVレビュー

20160615-cable-1

最近話題のmicroUSBとlightningのどっちでも使えるケーブルを購入したのでそのレビューをしていきます。

優美さトップ社(Gracetop)というメーカーの商品で、タイトルにあるように1本で変換アダプタもいらずにiPhone(Lightning)とAndroid(MicroUSB)に対応した充電ケーブルです。

パッケージはかなり簡素

20160615-cable-2

購入したときについてきたものはケーブルと簡単な取扱説明書だけで、箱に入っていたりなどはせず、簡単なパッケージでした。
素材は断線しにくいナイロン素材でできていて端子部分はメタリックな素材となっています。

使い方

20160615-cable-3

Android(MicroUSB)に差し込むときは、端子部分がギザギザとなっている方をUSBポートの台形上側となっているほうに差し込みます。

20160615-cable-4

iPhone(Lightning)に差し込むときは、ギザギザの面を下に向ける設計になっています。

もちろん、どちらの場合でも、充電だけでなくPCとのデータ通信も可能です。

20160615-cable-5

ケーブルの先端はこんな感じになっていてmicroUSB用に穴が開いているのがわかります。

アダプタ無しで1本で使えるのは便利

20160615-cable-620160615-cable-7

今まで一本のケーブルでiPhoneとAndroidを充電するときには、端子に変換プラグなどを装着して2in1としているものが多かったですが、こちらは変換プラグなしに使うことができるので携帯性も向上しています。

学校のなかで充電ケーブルある?と聞かれたときにこのケーブルをだして「iPhoneもAndroidも使えるんだよ!」なんていうと、話のネタになること間違いな…し?

急速充電は

また、急速充電にも対応していると商品説明、取扱説明書には書かれていますが、これはどうやらQuickCharge2.0にちゃんと対応しているわけではないようです。

QuickCharge2.0対応のスマホと充電器で試したところ、表示上は「急速充電」と書かれていました。
が、しばらくすると焦げ臭いがしてきて、その後充電が止まり、このケーブルでは充電はできなくなってしまいました…。

私の購入したものが粗悪品だったのか、元々電流の大きさに耐えられるものではなかったのか…どちらかわかりませんがQuickCharge2.0やそのた急速充電系で使おうと考えている方は控えておいた方がいいかと思います。

20160615-cable-8
この後焦げ臭いにおいがして充電ストップ

まとめ

一本二役のケーブルは面白い構造で、仕事上iPhoneとAndroid両方使っている方には、持ち運ぶ必要のあるケーブルが一本にまとめられることで荷物もすっきりしてとても良い商品だと思います。
ただし、充電中の発熱が異常に高いため購入を考えている方は慎重に選んでいただきたいと思います。

Amazonで見ても、似たような2 in 1ケーブルがいくつか出ています。(その中でも今回購入したものは評価が低いものでした…。)今回はちょっとハズレのようでしたが、次に他の同類ケーブルを試してみるのもいいかな、と思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE