SAMURAI REI -麗- ハンズオン-FREETEL史上最も薄く、最も軽く、そして最も美しい

20160517-rei-1

5月17日に行われたFREETEL World 2016 Spring/Summerにて新端末REI-麗-をタッチアンドトライで触る事ができましたので、その感触を写真とともにお送りします。
なお、今回カメラの設定をどうやら誤っていたようで、色合いがかなり変になっています。なるべく補正したつもりですが、色合いについては、そういうものだと思ってください。

薄く、軽い

20160517-rei-2

持った瞬間に思ったのは「薄い、軽い」ということでした。REIは5.2インチで、サイズは高さ 145.8mm、幅 71.5mm、厚さ 7.2mm、重さは約136gです。見た目から想像するよりもかなり軽かったですね。

20160517-rei-3

背面はフルアルミです。どうしてもアンテナを外に出さないとならないということでiPhoneのようにアンテナ線のラインが入っています。最近では日本版のXperia X Performanceもアンテナ線のラインが入っていて好みが分かれていましたね。

20160517-rei-4

確かにこのラインは無いほうが私も好きですが、このラインで締まるというのもあるかもしれません。まぁiPhoneっぽいというのがつきまといますが。

持った感触として、ZTE Blade V6を思い起こしました。感触としては似ていて、もう少し大きくなった感じ、そしてもう少し角ばらせた感じです。

20160517-rei-5

右サイドに電源と音量ボタン。

20160517-rei-6

前面は白や黒のベタではなく、細かい模様が入っています。KIWAMIにあったものとおそらく同じものだと思います。

20160517-rei-7

さすがにホームボタンには模様は入っていません。

特徴的なホームボタン

20160517-rei-8

このホームボタンが今回のREIの大きな特徴でもありますね。
このホームボタンは5つの機能が詰まっています。

  • 押してホームボタン
  • タッチして戻るボタン
  • ダブルクリックでアプリ履歴
  • 指紋認証
  • 長押しで検索(Google Now)
20160517-rei-9

黒だとそう目立たないかもしれません。

そして、この物理ボタンに機能があるということで、そのサイドに独立した「戻る」や「アプリ履歴」のボタンはありません。Galaxyシリーズだと物理ボタンのホームの横に戻るなどがあるのですが、そういう形式ではありません。これはちょっと慣れる必要があるかもしれませんね。

20160517-rei-18

ただし、設定から普通にナビゲーションバーを表示するようにもできます。これなら他のスマートフォンを使っていた人でも安心です。また、ボタンの並びも「戻る ホーム 履歴」と「履歴 ホーム 戻る」で変更できるので、Galaxy系で戻るボタン右に慣れている方も安心です。

背面カラーバリエーション

20160517-rei-10

黒のアルミはなかなかいいですね。

20160517-rei-11

ブルーもいい色しています。(写真の色が変になっちゃってますが。)

20160517-rei-12

背面はいいんですけど、前面が白で、その切り替えが見えるとちょっと気になってしまいます。

カメラはちょっと出ている

20160517-rei-13

カメラ部分はフラットではなく、ほんの少しですが出ています。

20160517-rei-14

見た目としては気にならない程度ですが、机の上などにペタッと置いた時に気になるかもしれません。

FREETEL UI ver.1.0

20160517-rei-23

REIにはFREETEL UI ver.1.0という独自UIのホームアプリが入っています。
アプリドロワーはなく、すべてのアプリがホーム画面に並ぶ1レイヤー方式、そして下から引き上げるとiPhoneのコントロールセンターのような「スワイプアップランチャー」が登場します。設定へのボタンもここ(明るさ調整のスライダーの横)にあります。

20160517-rei-24

なので上から引き出す通知領域は本当に通知と時計のみで、ここに各種ボタンはありません。
これらは全部片手で操作できるようにと開発されたそうです。(上から引き出すとどうしても両手操作になる。)

このあたり、ホームアプリを別のものに変えた時にどうなるのか、確かめてこなかったので気になります。

その他設定画面

20160517-rei-15

ストレージは32GBで、そのうちシステムを除いたユーザー領域は約25GBほど。

20160517-rei-16

メモリは2GBです。

20160517-rei-17

Androidバージョンは6.0です。

20160517-rei-19

Wi-Fiと4G/3Gを同時に使って高速にダウンロードする「ターボダウンロード」搭載。2014-2015くらいからのキャリアモデルで搭載されている機能ですね。

アクセサリー

20160517-rei-20

REI用のアクセサリーも用意されています。こちらはアルミバンパー。

20160517-rei-21

装着した図はちょっとゴツいかもしれませんが、かっこ良くなりそうです。

20160517-rei-22

こちらはフリップカバー。ブルーやピンクはかわいさがありますね。

まとめ

持った時の感触、質感はなかなか良いと感じました。正直、最初はあのホームボタンがダサく見えたので買うつもりは全く無かったのですが、触ってみて揺らいでいます。この触り心地と感触は少なくとも今までのFREETELには無かったものです。

スペックについては、私はこだわる方ではないので特に魅力的でもないのですが、実際に触ってみて中身のソフトウェアは面白いと感じました。いろいろネタにしたいですね。

SAMURAI REI-麗-は5月20日予約開始、5月27日よりまずはシルバーから発売開始です。私が買うならシルバー、いやシャンパンゴールド…ですかね。メタルレッドがあると嬉しかったのですが、残念。

OS Andorid 6.0
CPU MT6753 Octa Core 1.3GHz 64bit
RAM 2GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC (最大128GBまで)
ディスプレイ 5.2インチ 1920×1080 (フルHD)
カメラ 背面:1300万画素 前面:800万画素
バッテリー 2800mAh
サイズ 約145.8 × 71.5 × 7.2 mm
重量 約136g
NFC ×
ネットワーク 3G(WCDMA):2100MHz(Band1) / 800MHz(Band6/19) / 900MHz(Band8)
4G(FDD LTE): 2100MHz(Band1) / 1800MHz(Band3) / 2600MHz(Band7) / 900MHz(Band8) / 800MHz(Band19/20)

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE