Ascend Mate7を今更レビュー:今買っても満足できる6インチスマホ

20160502-mate-1

Ascend Mate7は発売日が2014年の12月なのでそこそこ古い端末になりますが、まだまだ現役で利用できる良い端末です。細かいスペックなどはもうネット上に溢れるほど出てると思うので今回は割愛。実際に利用してみての使用感を書いていこうと思います。

画面、端末の大きさ

20160502-mate-2

Ascend Mate7の良さはやはり6インチの大画面。元々、Zenfone 2やNexus 6を利用していたので大画面の端末には慣れていましたが、この2つは背面に丸みがあり持ちやすく作られています。Ascend Mate7は背面が平たくなっているので持ちやすさが気になっていました。

利用してみてわかったのですが背面は丸みがないぶん手に上手く引っかかる感じがあるので逆に持ちやすいです。ただし操作自体は「両手で」というのが基本になりそうで、片手の操作はやはり厳しいかなと。私の住んでる地域は電車などが無いので吊革に掴まりながら片手で操作ということがないので全く問題ありませんがそういった機会が多い方はバンカーリング等の装着が必須になりそうです。

また、ZenFone 2,Nexus 6ともにディスプレイの輝度が弱めだった為、屋外では見辛い部分がありましたがAscend Mate7はハッキリ見えて良いです。

本体容量は16GBと少ない

Ascend Mate7は本体容量が16GBと少ないです。ただSDカードが利用できるので特に問題ないかなと思います。実際に購入してみてSDカードさえ不要で結局利用してません。写真はGoogleフォトに保存しているので本体に残す必要が無いですし、音楽もGoogle Play Musicを利用しているので問題なしです。SIMフリー端末なのでデータ通信容量が無制限のSIMを選んで利用できます。それらを利用すると速度制限の心配もないので良いですね。Googleのサービスは無制限SIMと組み合わせると本当に便利です。

MVNO選びの参考に

動作は快適かどうか

今まで利用してきたZenFone 2、Nexus 6はRAMが4GB,3GBと余裕のある端末でした。Ascend Mate7は2GBなので控えめです。これにより動作がカクついたりとかあるんじゃないかと不安でしたがこれも問題なし。動作はサクサクで不満が全くないです。マルチタスクボタンを押す事でメモリの空き容量を確認できたり、アプリを一度にすべて終了させたりできます。

またゲームなども問題なく利用できています。かなり重い処理が必要になるデレステも問題なく動いているのでこれが一番ホッとしました。(3D標準の設定で難易度「MASTER」をプレイすると少しカクついてしまいタイミングがずれるという意見もネット上で見つけました。私自身、リズムゲームが得意というわけではない為、カクついているのか下手なだけなのか判断できず。ここは上手な方の意見が聞きたいです。)

ステータスバー:通知/ショートカット

20160502-mate-7

画面上部のステータスバーですが、Ascend Mate7ではキャリア名がものすごく大きく表示されます。ステータスバーの通知などは基本的に消してスッキリさせて使いたいのですが、これは邪魔すぎますね。設定から消すこともできないのでここは割りきって利用するしかなさそうです。(非公式の方法で外すことはできるみたいですが、リスクと手間を考えると…。)

20160502-mate-8

またステータスバーから引っ張ってくることで通知画面になりますが、通知とショートカットの2項目に分けられています。ここはすっきりしていて見やすいのですが慣れるまで結構不便に感じました。個人的には一つに纏まっているほうが好きです。

指紋センサー

20160502-mate-3

Ascend Mate7は指紋センサーを背面に搭載。角度関係なく触れるだけでロック解除できるので非常に便利です。指紋センサーはやはり背面がベストですね。端末を持つと自然に人差し指が触れる位置にあるのもGoodです。あまりの快適さにロックをかけている感覚が正直ないほどです。

電池持ち

バッテリー容量が4100mAhと大容量です。Ascend Mate7を使ってみて一番感動したのは電池持ちかもしれません。一日中、スマホを触る癖があるのでZenFone 2やNexus 6を使っていた時は毎日2回ほど充電していました。Ascend Mate7は本当の意味でちゃんと1日持つ端末だなと。簡単な調べ物(天気予報やNEWSを簡単に見たり)や電話、メールくらいしか使わない方なら2日は持ちそうです。

スピーカー

20160502-mate-4

大迫力の音が出せるNexus 6を使っていたこともあり、ちょっと残念な感じ。音が悪いとか、小さいという事はなく「普通」です。スピーカーは背面ではなく、前面にあったほうがいいなぁと思いました。

カメラ

20160502-mate-5
クリックで元画像(3.04MB)

サッとシャッター切るだけで綺麗に撮れるカメラです。指紋センサーに触れるだけでシャッターが切れたりという手ブレが起きにくい工夫もあります。ビューティーモードで撮影すると肌が綺麗になったり等もありますがあまり自撮りをしないので私の場合は活躍の場があまりないです。良いカメラなんですけども、普通なんですよね。ZenFone 2みたいに撮影モードがいろいろ用意されていると面白かったかもしれません。

まとめ

20160502-mate-6

全体的に満足な端末です。Androidが4.4で止まっているのも少し気になる点ですが、特に困ってもいないので良しとします。金属感が所有欲をかなり満たしてくれるので持っていて嬉しくなります。今だと中古で安く手に入ったりするので気になっている方は購入してみてはいかがでしょうか?

B00QWNZJB4
Ascend Mate7 ブラック
Huawei
価格:35980円(2016/05/02時点)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE