有線接続のイヤホンを呪縛から解放するレシーバー : Aukey Bluetoothオーディオレシーバー BR-C9

20160124-aykey-2

モバイル機器のグッズを多く出しているAukeyさまからBluetoothオーディオレシーバー「BR-C9」をレビュー用に提供していただきました。今回はこの製品を紹介しようと思います。

有線のイヤホンやスピーカーをBluetooth対応にするレシーバー

20160124-aykey-1

私はこの製品を最初に見た時に、いったいどういう動作をするものなのか、よくわかりませんでした。いやオーディオ関係の方には普通の品なのかもしれませんが。
簡単にいうと、Bluetoothイヤホンの、Bluetoothで通信する部分です。普通の有線のイヤホンを本機に接続すると、ペアリングしたスマホの音楽をその元有線のイヤホンで聴けるというわけです。お気に入りのイヤホンがあるんだけどBluetooth対応じゃないから何かと取り回しが面倒、なんという人にはぴったりだと思います。

パッケージ開封

20160124-aykey-3

Aukeyのいつもの包装、と言いたいところですが、巻紙がありません。よりシンプルになっています。

20160124-aykey-4

中には本体がちょこんとあります。どうやらこの下に付属品等が入っているようです。

20160124-aykey-5

付属品は本体のほかはマニュアルとUSBケーブル、3.5mmオーディオケーブル、3.5mmオーディオコネクタです。両端が3.5mmプラグのケーブルがあるので、これを挿せるスピーカーなども本機でBluetooth対応にできます。

外観

20160124-aykey-6

本体はサラサラしたつや消し黒のプラスチックでできています。思ったよりも小さく、指先で軽く操作するスイッチのようなものです。
円周の+-はボリュームで、長押しすると早送り・巻き戻しにもなります。

20160124-aykey-7

側面には3.5mmジャック。ここに有線イヤホンを接続します。

20160124-aykey-8

先端にはmicroUSBポート。これは本体の充電用です。充電は約2時間で完了し、公称ではスタンバイ時間100時間、動作時間8時間となっています。しっかり充電しておけば、1日の外出で十分活躍できそうです。なお、充電中の使用はできません。

意外と小さい

20160124-aykey-9

大きさがよくわからないと思うので、想像しやすい大きさのものを一緒に撮ってみました。これで大きさのイメージが湧くでしょうか。なかなか小さいですよね。

2つの機器と同時にペアリング可能

20160124-aykey-1020160124-aykey-11

スマホとのペアリングは簡単で、本機をペアリングモードにすると、スマホのBluetooth設定でBR-C9が表示されるので、それをタップして接続するだけです。

また、本機は2台の機器と同時にペアリングすることができます。さすがに2つのスマホで音楽を流しても、同時にイヤホンから聞こえるわけではないですが。音楽が聞こえてくるのは片方からだけで、その間はもう片方の音楽は一時停止となります。さすがに両方スマホの音楽ということはないと思いますが、電話と音楽を分けている場合などに便利かもしれません。

良いところ・悪いところ

やはりスマホとイヤホンを直接繋がなくてもいいというのは便利です。まぁ本機とイヤホンは繋がりますが、スマホはザックの中、レシーバーは胸ポケット、というように分けることができますし、コードがぐちゃぐちゃすることも(繋がっているのに比べれば)マシです。

一番最初に繋いだ時だけだったかもしれませんが、Bluetoothの音量が最大になっていて驚きました。すぐに本機のボリュームボタンで小さくしましたが、あれは耳に痛かった…。また、本機の電源が入っているのかどうかというのもちょっとわかりにくいです。LED表示はあるのですが、どうにもわかりにくい表示です。

まぁ、ものがモノなので、ピンポイントで必要にしている人にしか響かない製品かもしれませんね。ただ、こういう製品があるということはチェックしておいてもいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE