格安SIM (MVNO) 速度測定-スピードテスト : 2015年12月 UQ mobileが低下、もはや普通のMVNO?

格安SIM (MVNO) 速度測定

MVNO・格安SIMの定期スピードテスト、12月編その1です。
なお、本記事で使用している楽天モバイルはモニター参加してお借りしているものです。

測定方法

今回の測定は以下のようにして行いました。

日時 2015年12月1-2日(12/1 18時 12/2 0時・8時・12時の4回実施)
場所 東京都中野区・杉並区
測定アプリ RBB TODAY SPEED TEST
測定方法 SIMごとに3回ずつ測定し、その平均を値とする
使用端末とSIM ZenFone 5…楽天モバイル
Xperia Z3 Compact…mineo(D)
Xperia Z Ultra…BIGLOBE
Nexus 5…OCN
Xperia M2…NifMo
Liquid Z530…DMM
MIYABI…FREETEL
KIWAMI…b-mobile
Desire 626…BIC SIM (IIJ)
Galaxy S5…mineo(A)
HTC J One HTL22…UQ mobile

さすがに端末1台で11枚のSIMを入れ替えするのは困難なので、複数の端末を使っています。違う端末を使っては比べる意味が無いとお考えの方は、そういうものとして見てください。

また、今回は18時の回以外は1つの端末で3回測定を行い、その3回目に次の端末の1回目を同時に測定しています。つまり3回の測定のうち2回は2台同時の測定となっています。そうしてリレーしていくように端末(SIM)を変え、全部で10分間くらいで測定しています。

場所は18時と0時が中野区の住宅街、8時と12時が杉並区の高円寺駅前となっています。

朝:8時の測定

(単位:Mbps)
DOWN UP PING
OCN 3.93 14.61 77.0
BIC SIM(IIJ) 8.41 7.30 61.7
DMM mobile 14.76 16.72 57.7
BIGLOBE 19.89 18.65 43.0
NifMo 1.78 20.73 68.0
楽天モバイル 3.26 22.34 74.3
b-mobile 13.77 16.34 37.3
FREETEL SIM 23.67 19.79 33.0
mineo(D) 13.12 6.70 65.3
mineo(A) 4.67 3.72 82.7
UQ mobile 9.89 9.73 39.7
20151202-mvno-1

最近はどのSIMも朝はそれなりに出るようになっています。それでも3Mbps出ないNifMoは厳しいです。OCNと楽天モバイルはなんとか3Mbpsですが、できればもう少し頑張って欲しいところ。

昼:12時過ぎの測定

(単位:Mbps)
DOWN UP PING
OCN 0.59 15.28 135.7
BIC SIM(IIJ) 1.13 9.50 86.7
DMM mobile 0.68 11.31 88.0
BIGLOBE 1.20 12.37 48.0
NifMo 0.65 14.81 74.3
楽天モバイル 0.92 16.96 50.3
b-mobile 1.05 12.98 55.3
FREETEL SIM 18.16 14.64 41.7
mineo(D) 1.60 14.47 76.3
mineo(A) 0.66 3.76 172.7
UQ mobile 0.91 12.50 42.3
20151202-mvno-2

昼はFREETELの一人勝ちですね。この差はすごい。
一方、10月くらいまでは爆速だったUQ mobileが速度が出ていません。これでは普通のMVNOと一緒です。

夕方:18時過ぎの測定

(単位:Mbps)
DOWN UP PING
OCN 1.21 7.59 75.0
BIC SIM(IIJ) 2.84 4.87 86.0
DMM mobile 2.59 6.45 81.7
BIGLOBE 2.59 2.18 39.3
NifMo 2.07 4.28 71.3
楽天モバイル 1.82 3.74 36.3
b-mobile 16.21 7.65 41.0
FREETEL SIM 32.30 8.89 31.7
mineo(D) 8.43 5.34 73.0
mineo(A) 1.90 4.60 115.7
UQ mobile 1.98 0.70 40.3
20151202-mvno-3

夕方は傾向としては昼と同じで、それがそれぞれ速くなった感じになりますね。
やはりFREETELが目立ちます。

深夜:0時半過ぎの測定

0時半過ぎとなるとさすがに利用している人も少ないので快適になります。

(単位:Mbps)
DOWN UP PING
OCN 22.56 2.87 57.7
BIC SIM(IIJ) 28.20 5.03 376.3
DMM mobile 30.81 3.32 39.3
BIGLOBE 31.57 5.86 47.3
NifMo 27.34 6.82 35.7
楽天モバイル 15.20 5.43 134.0
b-mobile 24.73 6.90 34.0
FREETEL SIM 12.54 5.14 38.7
mineo(D) 33.13 4.83 52.3
mineo(A) 17.29 3.16 54.7
UQ mobile 8.07 0.15 44.7
20151202-mvno-4

この時間帯はどのSIMも十分な速度が出ています。UQ mobileのupが遅いのが気になりますが、この測定場所周辺はどうもau系に弱いようなので、そのせいだと思います。
また、他の時間では爆速だったFREETELがこの時間では逆に遅くなっているのがおもしろいですね。それでも十分な速度は保っていますが。

時間帯別グラフ

20151202-mvno-5
DOWN 8時 12時 18時 0時
OCN 3.93 0.59 1.21 22.56
BIC SIM(IIJ) 8.41 1.13 2.84 28.20
DMM mobile 14.76 0.68 2.59 30.81
BIGLOBE 19.89 1.20 2.59 31.57
NifMo 1.78 0.65 2.07 27.34
楽天モバイル 3.26 0.92 1.82 15.20
b-mobile 13.77 1.05 16.21 24.73
FREETEL SIM 23.67 18.16 32.30 12.54
mineo(D) 13.12 1.60 8.43 33.13
mineo(A) 4.67 0.66 1.90 17.29
UQ mobile 9.89 0.91 1.98 8.07
UP 8時 12時 18時 0時
OCN 14.61 15.28 7.59 2.87
BIC SIM(IIJ) 7.30 9.50 4.87 5.03
DMM mobile 16.72 11.31 6.45 3.32
BIGLOBE 18.65 12.37 2.18 5.86
NifMo 20.73 14.81 4.28 6.82
楽天モバイル 22.34 16.96 3.74 5.43
b-mobile 16.34 12.98 7.65 6.90
FREETEL SIM 19.79 14.64 8.89 5.14
mineo(D) 6.70 14.47 5.34 4.83
mineo(A) 3.72 3.76 4.60 3.16
UQ mobile 9.73 12.50 0.70 0.15

いくつかのSIMについて、気になったことなど

FREETEL SIM

爆速マラソンということで毎月の増速を実施しているFREETEL SIMです。11月は2回の増速を行ったそうです。どの時間帯でも安定して速度が出ており、今オススメできる格安SIMとしては最有力候補です。

ただ、先日の発表会で、アプリによって速度を変えることもできるし今後そういったことをやるつもりだと言っていましたので、それがスピードテストに変な影響を与えないかが心配です。(主要なスピードテストアプリでは速度が出るように調整できるということなので。)

iPhoneでアプリのダウンロードやアップデートにかかるパケットが無料になるSIMなど、特色あるSIMもあります。今後も注目です。

BIC SIM (IIJ), DMM mobile

IIJはこれまでの実績もありますし、技術力などもかなり評価されています。なので安心して契約できるSIMではあるのですが、今回は今一歩といったところでしょうか。お昼時にもう少し速度が出てくれると良いのですが…。

FREETELは仕様データ量によって段階的に価格が変わっていくプランですが、普通の先にデータ量を決めるプランの中ではIIJ系のSIMがオススメです。DMMは最安値宣言しており、ほかより高いということはありませんしね。

BIGLOBE

11月末にもネットワーク増強したとのことだったので期待していたのですが、あまりその効果は見られませんでした。安定してそれなりの値は出ているんですけどね。派手さはないですけど、地味にオススメです。

mineo

さすがに新規で使いはじめる人は以前よりは減ったとは思いますが、今回の結果はちょっとだけ残念ですね。これまでの速度から考えると、もう少しいい値を期待したいところです。まぁあと2ヶ月くらいはゆっくり速度低下しても許されるかな、と。そこで速度が回復するかどうかで今後を任せられるか見極めるのも良いと思います。

b-mobile

b-mobileは悪くない数字を出しています。コツコツと設備増強や調整をしているのかもしれません。
が、体感の速度や、速度測定を開始する際の始まるまでの時間が他のSIMに比べやけに時間がかかることなどから、ちょっと不安も残ります。アプリで測定した数値だけでは判断しないほうがいいかもしれません。

UQ mobile

UQ mobileは11月の中頃から接続IPアドレスが変更したとのことで、それが原因なのか速度低下しているという報告が多数あるそうです。

参考→UQ mobileの回線速度で気になる兆候 IP変更でLTE NETから離れて「普通のMVNO」に? | スマホ辞典

実際、今回の測定でもイマイチ今までのような爆速は出ませんでした。普通のMVNOに成り下がっています。私の測定場所がau系に弱いというのもあるかもしれませんが、mineoと比べても差が縮まっている気がします。まだ大丈夫ですが、今後数ヶ月でどうなるか、要注目です。

まとめ

今回はFREETELだけが爆速維持でした。私自身はFREETEL SIMをメインでは使っていないので、実際の使い心地などはイマイチわからない部分もあるのですが、数値だけを見れば速いです。最近のFREETELの動きを見ていて若干不安がないわけではありませんが、速度ならFREETEL、なのかもしれません。

また、もうダメダメで諦めている楽天モバイルですが、運営元がフュージョン・コミュニケーションズから楽天になったことで新規契約分のAPNが変わっているそうです。従来はvdm.jpでしたが、これが現在はrmobile.jpだとのこと。実際最近発売された格安スマホにはこのrmobile.jpのAPNもセットされています。

参考→新APNに接続した楽天モバイルの速度状況(vdm.jp rmobile.jpの比較) | スマホ辞典

この変更に伴って、新APNではかなり早くなっているようです。まだ人が少ないから、というのもあるかもしれませんが。ところがこの新APNには従来の契約SIMでは接続できず、プラン変更のようなこともできないとのこと。新たに契約するしか新APNはダメらしいです。
普通に契約している人なら新しいSIMを契約して現在のものを解約するのが良いと思いますが、私の場合はこのSIMはモニターで借りているものなので、普通に1回線増やすしかないんですよね。さて、どうしましょうか。

MVNOの速度はけっこう浮き沈みがあります。その時々で最新の速度測定結果は把握しておきたいですね。場所などでも変わるものなので、できれば1つの数字に一喜一憂せずに、複数の結果を眺めてなんとなくの各社の傾向を掴んでもらえばと思います。
私以外だとスマホ辞典さんが定期的に計測しているので有名です。

今後も月2回程度で測定していきたいと思っています。
楽天モバイルの新SIMや、わりと評判のいいWonderLinkが気になっていますが、さすがにこれ以上SIMを増やすのは…とも思ってます。ただし入れる端末が増えたらSIMも増えるかもしれません。

過去の速度測定記事は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE