新APNとなった楽天モバイルを旧APNと速度比較 できれば契約しなおしたほうがいいほど…?

20151213-rakuten-1

楽天モバイルが2015年10月から、新しいAPNに切り替わったという話が出ています。調べてみると、どうやら10月5日までの申し込み分は「vdm.jp」、10月6日以降の申し込み分は「rmobile.jp」へと繋ぐようになっているようです。また、これらには互換性がなく、10月5日までの人は「rmobile.jp」の設定をしてもネットに繋ぐことはできません。

これが単に接続先が違うだけなら良いのですが、どうやら速度面でもだいぶ差がでているという話です。私も速度比較の記事を書いており、それは誰かが乗り換えを検討する際の材料となるためでもあります。そこで古いAPNの方の楽天モバイルを載せていても、それは今これから楽天モバイルを検討する人には意味のないこと。
そういう言い訳理由で楽天モバイルの新APNのSIMを契約してみました。実際に速度に差がでるのか、測定してみたいと思います。

パッケージ開封

20151213-rakuten-2

パッケージはこれまでと大きくは変わりません。MVNOのSIMパッケージはだいたい同じ内容です。

20151213-rakuten-3

今回届いたものはたしかにAPNの案内がrmobile.jpとなっています。

20151213-rakuten-4

また、カード台紙のドコモの連絡先の部分にシールが貼られています。
最近はMVNOのSIMを契約しても、それについての問い合わせをここに書かれているドコモに電話する人がいるらしく、その対策と思われます。(もっとも、近い将来にはMVNO用のSIMに切り替わるのでドコモの連絡先は書かれないようになりますが。)

Desire 626に装着

20151213-rakuten-5

楽天モバイルでも取り扱いのあるDesire 626(しぶりんカラー)に装着してみました。(ただし楽天モバイルではしぶりんカラーは取り扱い無いですが)

20151213-rakuten-1520151213-rakuten-16

Desire 626ではAPN設定の前にキャリア選択があるのですが、そこに楽天モバイルAと楽天モバイルBの2つがあります。このAが旧APN(vdm.jp)でBが新APN(rmobile.jp)となっています。Desire 626は10/17発売なので、そこですでに新APNに対応しているのは早いですね。

速度測定

それでは、実際に速度測定してみました。今回は3つの端末を使って行いました。
Xperia Z3 Compact…mineo Dプラン
ZenFone 5…楽天モバイルA(旧APN)
Desire 626…楽天モバイルB(新APN)

Xperia Z3 Compactは、まぁ比較用です。測定日は12月13日、場所はヨドバシカメラ マルチメディアAkiba前です。
Z3C→Desire626→ZenFone5→Z3C→Desire626→ZenFone5→Z3C→Desire626→ZenFone5と1回ずつ交代で測定していきました。

mineo Dプラン (Xperia Z3 Compact)

20151213-rakuten-620151213-rakuten-720151213-rakuten-8
(単位:Mbps)
DOWN UP PING
1回目 6.87 7.06 77
2回目 6.84 2.99 75
3回目 14.4 7.75 64
平均 9.37 5.93 72

楽天モバイルA(旧APN)(ZenFone 5)

20151213-rakuten-920151213-rakuten-1020151213-rakuten-11
(単位:Mbps)
DOWN UP PING
1回目 4.08 18.76 34
2回目 4.2 13.78 256
3回目 4.29 13.99 39
平均 4.19 15.51 109.67

楽天モバイルB(新APN)(Desire 626)

20151213-rakuten-1220151213-rakuten-1320151213-rakuten-14
(単位:Mbps)
DOWN UP PING
1回目 12.5 9.97 33
2回目 12.37 11.55 36
3回目 14.35 16.03 35
平均 13.07 12.52 34.67

測定まとめ

DOWN UP PING
mineo 1 6.87 7.06 77
mineo 2 6.84 2.99 75
mineo 3 14.4 7.75 64
楽天A 1 4.08 18.76 34
楽天A 2 4.2 13.78 256
楽天A 3 4.29 13.99 39
楽天B 1 12.5 9.97 33
楽天B 2 12.37 11.55 36
楽天B 3 14.35 16.03 35

確かに楽天モバイルの新APNは速いです。旧APNに比べても速いですが、それなりに速いmineoよりも速いくらいです。pingも速いですね。
これはすぐにでも乗り換えたいところですが、1つ注意したい点としては、新APNの契約者数はまだまだ少ないだろうということです。楽天モバイルも最初は速かったのです、最初は。なので、今早くても数カ月後にどうなっているのか、そして遅くなった時に回線増強してくれるのかどうかが心配です。旧APNで散々遅いと言われても何も対策が行われた気配がありませんでしたし…。

ただ、これまで遅い遅い言われ続け、その評判がネット上には残り続けているので、それによって急激に新APNでの契約数が増えることもないかもしれません。そういう意味では狙い目なのかもれません。

楽天モバイルの契約は公式サイトから行えます。
【楽天モバイル】

今のところAmazonなどでは取り扱いがないようですね。

新APNの楽天モバイルを少しでもお得に契約

なお、旧APNから新APNに切り替えるには今のところ契約し直すしかありません。切り替えのオプションなどは用意されていません。ただ、それでも現在の旧APNで契約している人は新APNに切り替えたほうが良いかもしれません。新規手数料3,000円程度はかかってしまいますが。

そして、現在楽天モバイルではおトクなキャンペーンも行われています。

20151213-rakuten-17
【楽天モバイル】

なんと、歳末大感謝セールとして、下記期間台数限定でHuawei honor6 Plus、Xperia J1 Compact、HTCDesire 626の人気3機種が半額となる大セールです。

セール期間:
2015年12月11日(金)21:00~12月28日(月)09:59

対象機種:(価格は税抜)
Huawei honor6 Plus(通常45,800円→22,900円)
Xperia J1 Compact(通常54,800円→27,400円)
HTCDesire 626(通常27,800円→13,900円)

これはもちろん楽天モバイルのSIMと同時契約が必要となりますが、契約するSIMは音声プランでもデータ通信のみのプランでもどちらでもOKです。これまでは楽天モバイルのこういったセールは音声SIMのみが対象ということが多かったのですが、今回はデータ通信プランも対象なのが嬉しいです。
これを利用して、人気端末をお得に手に入れるとともに新APNのSIMカードに切り替えても良いのではないでしょうか。

Desire 626が13,900円(税抜)というのはかなり安くて良いと思います!(渋谷凛カラーと言われるマリーンブルーはありませんが、ブラック・ホワイトカラーは楽天モバイル限定です。)
3機種とも台数限定となっているので、決断はお早めに!

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE