FREETEL Priori3 LTE を約1ヶ月借りることになりました …ので開封

20151217-priori3-1

先日FREETELのブロガーイベントに参加して、その内容の1つとしてPriori3 LTEを約1ヶ月お借りすることができました。当日は雅MIYABIかPriori3 LTEか選べたのですが、私は最近のFREETELの端末はこのPriori3 LTE以外は購入していたので、唯一買わなかったPriori3 LTEを選びました。

実際の使用感などはまた改めてレビューするとして、今回は外観写真などを掲載しておこうと思います。

開封

20151217-priori3-2

外箱は最初の画像のようになんとも美しい画像が描かれており、なかには2つの箱が入っています。小さな箱の方は背面カバーが入っています。
Priori3 LTEはマットブラック、パールホワイトのほか、ヌーディーベージュ、ビビットオレンジ、ルビーレッド、ミントブルーの全6色で展開されているため、製造の際にこのカバーだけ別にしたほうが都合がいいのでしょう。
KATANA01の箱も同じ形式でした。
なお、マットブラック以外は光沢のある色です。ルビーレッドがマットな深い赤だったら欲しかったのですが、光沢が好きではないので留まりました。

20151217-priori3-3

箱を開けてご対面。箱ベゼルが太いのとでかいプラ表記はもうお約束。

20151217-priori3-4

内容物は本体のほか、背面カバー、バッテリー、AC充電器、USBコード、スタートアップガイドです。背面カバーはヌーディーベージュです。イベントで借りた人はみんな同じ色だったようです。

SIMの入れ方がちょっと特殊

20151217-priori3-5

FREETELのSIMも同時に借りているのですが、私は個人でFREETEL SIMも契約しているのでそれは使わず、手元にあった他のSIM(これはb-mobile)を挿してみました。
Priori3 LTEはデュアルSIMで標準とMicroのどちらも挿せますが、同時待受は不可能といういつもどおりの仕様です。

一点戸惑ったのはMicroSIMの入れ方。端子がある方を上に向けて入れるというのは初めてでした。最初間違えて逆に入れようとしてしまいました。マニュアルはちゃんと読まないとダメですね。

外観

20151217-priori3-6

Priori3 LTEはディスプレイが4.5インチ、サイズは132×65×8.9mmと小型な端末です。片手で操作するのにちょうどいいサイズですね。

20151217-priori3-7

右側面の音量ボタンと電源ボタンはスピン加工されており、こんなところで高級感を演出しています。
Priori3 LTEは税抜12,800円と激安端末の部類に入るのですが、Priori2の頃に比べて少しでも高級感を出そうとしている気がします。背面はプラスチックですし、持った感触もカジュアルでいかにも普段使い、という印象なのですが、細かいところでオシャレしているイメージです。

20151217-priori3-8

上面にはイヤホンジャックとUSB差込口。

20151217-priori3-9

左側面は特になにもなし。

20151217-priori3-10

下部には小さなマイクの穴。

20151217-priori3-11

背面は光沢のあるプラスチックで、ペターっとした感触です。

20151217-priori3-1220151217-priori3-13

このあたり、Prioriの系統を感じますね。

電源オン

20151217-priori3-14

起動アニメは雅MIYABIや極KIWAMIと同じような和風のアニメで、最後にSAMURAIではなくPrioriと表示されます。
うーん…SAMURAIシリーズではコンセプトとも合っていて良かったのですが、Prioriでこれをやるかーといった感想です。どうせならパッケージに書かれているようなカラフルなものだとか、もっとポップなものの方が会っていると思うんですけどね。
まぁそこまでやる予算もないのかもしれません。

20151217-priori3-15

初期の壁紙はパッケージに書かれているのと同じ画像。これはキレイでいいですね。
また、ナビゲーションバーは画面外のタッチ式となっており、触れると赤く光ります。赤はカッコいいのですが、操作しないと表示されないのはユーザビリティ的に良くないなぁ、と。この辺りはまた次の機会に触れたいと思います。

前モデルと比較

20151217-priori3-16

全モデルのPriori2と比較…できれば良かったのですが、Priori2も借りただけで購入はしていないので、Priori2と同じ筐体を使っているというKATANA01との比較です。

20151217-priori3-1720151217-priori3-18

たしかにPrioriなんですけど、現代的にしたというか、前作よりもチープ感をなくそうとしているのが伝わってくるデザインですね。それでいてポップなイメージは強くなっている気がします。

まとめ

実際に少し使ってみているのですが、思ったよりも「四角いなぁ」という印象があります。角張ってはいないのですが、なにか「四角」な印象を受けます。なんでしょう、実際のサイズ以上に大きいイメージがあります。

背面の光沢プラスチックはあまり好きではないのですが、この値段やポップさにはよく似合っているとも感じました。持つときには適度に滑り止めになって持ちやすいですしね。

もう少し使ってみて、使用感などもレポートしようと思います。

現在FREETELでは端末とSIMを同時購入で3,000円引きとなるキャンペーン、またSIMの新規契約で翌月は基本料金で10GBまで使えるキャンペーンを行っています。購入を考えている方はぜひ公式サイトもチェックしてください。

B016Q46AWU
プラスワンマーケティング FREETEL Priori3 LTE ビビットオレンジ

プラスワンマーケティング
価格: ¥ 13,820(2015/12/17時点)

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE