格安SIM (MVNO) 速度測定-スピードテスト : 2015年11月その2 いいSIM、だめなSIMがハッキリと

20151117-sim-1

MVNOの定期スピードテスト、11月編その2です。
なお、本記事で使用している楽天モバイルはモニター参加してお借りしているものです。

測定方法

今回の測定は以下のようにして行いました。

日時 2015年11月16-17日(11/16 8時・12時・18時 11/17 0時・の4回実施)
場所 東京都中野区
測定アプリ RBB TODAY SPEED TEST
測定方法 SIMごとに3回ずつ測定し、その平均を値とする
使用端末とSIM ZenFone 5…DMM, b-mobile
Xperia Z3 Compact…mineo(D)
Xperia Z Ultra…BIGLOBE
Nexus 5…OCN
Xperia M2…楽天モバイル
Liquid Z530…NifMo
MIYABI…FREETEL
Desire 626…BIC SIM (IIJ)
Xperia UL…mineo(A)
HTC J One HTL22…UQ mobile

さすがに端末1台で11枚のSIMを入れ替えするのは困難なので、複数の端末を使っています。違う端末を使っては比べる意味が無いとお考えの方は、そういうものとして見てください。
また、これまでは代々木の職場で測定を行っていましたが、職を失いましたので今回はすべて中野の自宅で測定しています。そのため前回までと一概には比べられません。特にau系は大きく影響を受けているように感じます。

朝:8時の測定

(単位:Mbps)
DOWN UP PING
OCN 3.01 4.46 49.0
BIC SIM(IIJ) 15.28 3.19 34.0
DMM mobile 8.77 6.96 43.0
BIGLOBE 15.84 3.27 44.0
NifMo 0.69 3.58 283.0
楽天モバイル 1.04 9.52 38.7
b-mobile 26.65 4.78 36.0
FREETEL SIM 23.02 5.59 37.3
mineo(D) 11.74 1.41 52.7
mineo(A) 4.66 0.74 62.0
UQ mobile 7.80 2.38 67.0
20151117-sim-1

b-mobileがいい値を出していますが、b-mobileに関しては少し数値を信用してはいけない気もしているので要注意です。
FREETELがいいですね。そのほかBIC SIMとBIGLOBEがいい感じです。前回落ちていたmineo(D)も復活している感じです。さすがにキャンペーン直後は申込もぐっと減るでしょうし、複数契約した人なんかはもう使ってないのかもしれません。

昼:12時過ぎの測定

(単位:Mbps)
DOWN UP PING
OCN 0.90 11.31 53.3
BIC SIM(IIJ) 1.51 3.43 77.0
DMM mobile 1.71 7.01 75.3
BIGLOBE 3.43 3.21 46.7
NifMo 0.89 8.23 74.7
楽天モバイル 0.50 4.79 109.3
b-mobile 3.57 7.16 34.0
FREETEL SIM 19.55 6.21 38.7
mineo(D) 11.14 3.67 61.3
mineo(A) 0.88 0.66 123.0
UQ mobile 5.73 0.36 43.7
20151117-sim-2

FREETELとmineoがとても良い値を出しています。FREETELはちょうどこの11月16日11月2回目の増速をしたそうで、その影響かもしれません。
いくら混むとは言っても、やはり1Mbpsを切るとちょっと厳しいですね。

夕方:18時過ぎの測定

(単位:Mbps)
DOWN UP PING
OCN 1.37 9.85 73.0
BIC SIM(IIJ) 5.12 7.30 370.7
DMM mobile 4.19 5.52 71.7
BIGLOBE 4.40 5.22 188.3
NifMo 1.71 4.93 93.0
楽天モバイル 0.73 5.78 124.3
b-mobile 13.92 6.04 33.0
FREETEL SIM 15.31 5.93 612.7
mineo(D) 14.81 2.78 55.7
mineo(A) 3.77 0.60 80.7
UQ mobile 8.15 0.56 54.3
20151117-sim-3

夕方は傾向としては昼と同じで、それがそれぞれ速くなった感じになりますね。
やはりFREETELとmineo(D)が目立ちます。

深夜:0時半過ぎの測定

0時半過ぎとなるとさすがに利用している人も少ないので快適になります。

(単位:Mbps)
DOWN UP PING
OCN 19.56 8.29 52.0
BIC SIM(IIJ) 13.93 3.13 31.7
DMM mobile 17.05 5.60 35.3
BIGLOBE 17.96 6.02 37.3
NifMo 15.00 4.76 31.7
楽天モバイル 8.11 3.08 40.0
b-mobile 13.22 2.54 41.7
FREETEL SIM 14.40 5.24 37.3
mineo(D) 33.18 4.48 52.3
mineo(A) 8.65 0.54 52.3
UQ mobile 6.78 0.41 40.0
20151117-sim-4

au系が全然ダメですが、これは地域的なもののようです。日中も含め、特に上りが全然スピードでていませんが、これは私の測定した地域がau系弱いということだと思います。

ほかのSIMに関しては、数値の差はあるものの、どこも十分な値が出ています。

時間帯別グラフ

20151117-sim-5
DOWN 8時 12時 18時 0時
OCN 3.01 0.90 1.37 19.56
BIC SIM(IIJ) 15.28 1.51 5.12 13.93
DMM mobile 8.77 1.71 4.19 17.05
BIGLOBE 15.84 3.43 4.40 17.96
NifMo 0.69 0.89 1.71 15.00
楽天モバイル 1.04 0.50 0.73 8.11
b-mobile 26.65 3.57 13.92 13.22
FREETEL SIM 23.02 19.55 15.31 14.40
mineo(D) 11.74 11.14 14.81 33.18
mineo(A) 4.66 0.88 3.77 8.65
UQ mobile 7.80 5.73 8.15 6.78
UP 8時 12時 18時 0時
OCN 4.46 11.31 9.85 8.29
BIC SIM(IIJ) 3.19 3.43 7.30 3.13
DMM mobile 6.96 7.01 5.52 5.60
BIGLOBE 3.27 3.21 5.22 6.02
NifMo 3.58 8.23 4.93 4.76
楽天モバイル 9.52 4.79 5.78 3.08
b-mobile 4.78 7.16 6.04 2.54
FREETEL SIM 5.59 6.21 5.93 5.24
mineo(D) 1.41 3.67 2.78 4.48
mineo(A) 0.74 0.66 0.60 0.54
UQ mobile 2.38 0.36 0.56 0.41

いくつかのSIMについて、気になったことなど

FREETEL SIM

爆速マラソンということで毎月の増速を実施しているFREETEL SIMです。11月は2回の増速を行ったそうです。どの時間帯でも安定して速度が出ており、今オススメできる格安SIMとしては最有力候補です。

ただ、先日の発表会で、アプリによって速度を変えることもできるし今後そういったことをやるつもりだと言っていましたので、それがスピードテストに変な影響を与えないかが心配です。(主要なスピードテストアプリでは速度が出るように調整できるということなので。)

先月はiPhoneでアプリのダウンロードやアップデートにかかるパケットが無料になるSIMを発表しましたが、今後もそういった特色あるSIMを出していくとのことなので、今後も注目です。

BIC SIM (IIJ), DMM mobile

先月ほどの爆速はありませんが、今月も調子よくいい値を出しています。IIJはこれまでの実績もありますし、技術力などもかなり評価されています。

FREETELは仕様データ量によって段階的に価格が変わっていくプランですが、普通の先にデータ量を決めるプランの中ではIIJ系のSIMがオススメです。DMMは最安値宣言しており、ほかより高いということはありませんしね。

BIGLOBE

ほかに比べると若干控えめな値が出ていますが、昼で3Mbps出ていれば十分だと思います。派手さはないですけど、地味にオススメです。

mineo

前回は少し値が落ちていたのですが、今回はかなりいい値を連発しています。10月で史上最大のキャンペーンも終わったので、さすがに新規に申し込む人はかなり減ったのではないでしょうか。今程度の速度がずっと出てくれると嬉しいですね。

b-mobile

b-mobileは悪くない数字を出しています。コツコツと設備増強や調整をしているのかもしれません。
が、体感の速度や、速度測定を開始する際の始まるまでの時間が他のSIMに比べやけに時間がかかることなどから、ちょっと不安も残ります。アプリで測定した数値だけでは判断しないほうがいいかもしれません。

UQ mobile

au端末でMVNO使うなら、やっぱりUQ mobileがいいのですね。対抗馬がmineoしかないというのもありますが、au系で使うなら、どちらかというならUQ mobileをオススメします。

まとめ

FREETELとmineoがともに爆速復帰したような気がします。まぁまだ新しいSIMですしね。一方IIJやBIGLOBEといった老舗は派手さこそないもののしっかりした速度を出してくるようになりました。それぞれユーザー数もかなり多いと思いますが、さすがです。OCNについても、そろそろ何かしら目に見える規模の対策をしてほしいですね。

一方、もう長い間速度が落ち込んでいて、この先があまり期待できないのがNifMoと楽天モバイルです。このどちらかを契約していて最近遅いなと実感している人は、そろそろ乗り換えを検討してみてもいいと思います。

MVNOの速度はけっこう浮き沈みがあります。その時々で最新の速度測定結果は把握しておきたいですね。場所などでも変わるものなので、できれば1つの数字に一喜一憂せずに、複数の結果を眺めてなんとなくの各社の傾向を掴んでもらえばと思います。
私以外だとスマホ辞典さんが定期的に計測しているので有名です。

今後も月2回程度で測定していきたいと思っているのですが、職も失いましたし、測定場所の問題も維持費の問題もありますし、どうしようかと。au系の2つはもういいかな、とも思っています。UQ mobileの優位は今後も変わらないでしょうし。さて、どうしましょうかね。

過去の速度測定記事は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE