格安SIM (MVNO) 速度測定-スピードテスト : 2015年11月 FREETELが安定していい感じ

MVNOの定期スピードテスト、11月編です。
なお、本記事で使用している楽天モバイルはモニター参加してお借りしているものです。

測定方法

今回の測定は以下のようにして行いました。

日時 2015年11月4日(11/4 3時・8時・12時・18時の4回実施)
場所 東京都中野区
測定アプリ RBB TODAY SPEED TEST
測定方法 SIMごとに3回ずつ測定し、その平均を値とする
使用端末とSIM ZenFone 5…OCN, DMM, b-mobile
Xperia Z3 Compact…mineo(D)
Xperia Z Ultra…BIGLOBE
Nexus 5…楽天モバイル
Xperia M2…NifMo
MIYABI…FREETEL
Desire 626…BIC SIM (IIJ)
Xperia UL…mineo(A)
HTC J One HTL22…UQ mobile

さすがに端末1台で11枚のSIMを入れ替えするのは困難なので、複数の端末を使っています。違う端末を使っては比べる意味が無いとお考えの方は、そういうものとして見てください。
また、これまでは代々木の職場で測定を行っていましたが、職を失いましたので今回はすべて中野の自宅で測定しています。そのため前回までと一概には比べられません。特にau系は大きく影響を受けているように感じます。

朝:8時の測定

(単位:Mbps)
DOWN UP PING
OCN 1.58 2.60 51.7
BIC SIM(IIJ) 7.51 3.12 68.3
DMM mobile 6.53 7.82 79.7
BIGLOBE 4.55 2.85 46.0
NifMo 1.02 4.34 76.3
楽天モバイル 0.51 2.17 35.3
b-mobile 17.03 4.35 33.7
FREETEL SIM 7.33 3.83 118.0
mineo(D) 1.59 4.96 75.3
mineo(A) 1.21 1.53 120.0
UQ mobile 6.83 0.15 125.7
20151104-sim-1

b-mobileがいい値を出していますが、b-mobileに関しては少し数値を信用してはいけない気もしているので要注意です。
そのほかでは先月辺りから調子のいいIIJ系のBIC SIMとDMM mobile、そしてFREETELが相変わらずの値を出しています。

一方、先月末で史上最大のキャンペーンが終了したmineoはドコモプランもauプランもあまりいい値は出ていません。まぁ1Mbps超えていれば合格といえるかもしれません。

昼:12時過ぎの測定

(単位:Mbps)
DOWN UP PING
OCN 0.48 5.17 54.3
BIC SIM(IIJ) 0.81 8.09 115.3
DMM mobile 0.83 5.50 114.3
BIGLOBE 0.87 4.63 48.7
NifMo 0.22 5.29 104.3
楽天モバイル 0.24 7.06 38.3
b-mobile 0.62 2.70 103.7
FREETEL SIM 6.37 6.46 44.0
mineo(D) 0.54 4.91 143.7
mineo(A) 0.56 2.07 349.0
UQ mobile 7.09 0.22 46.7
20151104-sim-2

昼は1日のうち一番混みあう時間帯ですので、どのSIMも低い値となっています。ここでどれだけの値を出せるのかが、そのSIMの底力と言えるのではないでしょうか。
そんな中、FREETELとUQ mobileがいい値を出しています。FREETELは朝も同じくらいでしたが、1日を通してほぼ似たような値を出し続けます。驚くほどの速さは無いけれど、必要十分以上の速さは出す、そういう形かもしれません。

夕方:18時過ぎの測定

(単位:Mbps)
DOWN UP PING
OCN 0.81 3.92 54.3
BIC SIM(IIJ) 2.30 5.71 117.0
DMM mobile 2.38 8.13 120.0
BIGLOBE 1.20 3.36 44.0
NifMo 0.68 4.51 77.0
楽天モバイル 0.50 2.27 35.3
b-mobile 9.51 2.66 44.3
FREETEL SIM 7.20 4.30 41.3
mineo(D) 1.72 2.80 80.0
mineo(A) 0.96 1.97 1210.3
UQ mobile 11.06 0.45 38.0
20151104-sim-3

昼と似たようなものですが、ここでせめて1Mbpsは出して欲しかったですね。NifMoと楽天モバイルはこのくらいの低速度が数カ月にわたって続いているので、もう駄目かもしれません。そのうち増強するかもしれませんが、一度増強しても更にユーザーが増えた時に同じように数ヶ月間低速度が続くのが予想されます。
例え速度が下がっても、継続的に増強してくれるところを見極めたほうがいいでしょう。

深夜:3時過ぎの測定

普段は0時過ぎなのですが、今回は3時過ぎになってしまいました。人の少ない深夜帯ということは変わらないので、0時で測定してもおそらく似たような数値だと思います。

(単位:Mbps)
DOWN UP PING
OCN 23.05 5.67 47.7
BIC SIM(IIJ) 10.09 7.67 35.0
DMM mobile 16.11 2.54 42.0
BIGLOBE 15.79 3.41 41.0
NifMo 10.02 4.70 32.3
楽天モバイル 12.25 2.54 35.0
b-mobile 12.72 2.65 44.0
FREETEL SIM 8.98 3.01 37.0
mineo(D) 9.73 4.15 55.7
mineo(A) 9.70 2.80 53.7
UQ mobile 8.85 0.62 38.7
20151104-sim-4

これまでずっとau系のSIMが深夜にスピードが出なかったのですが、今回他の時間帯も中野で測定してみて、おそらく場所的なものだったのだと考えられます。特にアップロードが出ていませんが、ほかの地域ならもう少しはいい値が出ると思います。

ほかのSIMに関しては、数値の差はあるものの、どこも十分な値が出ています。

時間帯別グラフ

20151104-sim-5
DOWN 8時 12時 18時 0時
OCN 1.58 0.48 0.81 23.05
BIC SIM(IIJ) 7.51 0.81 2.30 10.09
DMM mobile 6.53 0.83 2.38 16.11
BIGLOBE 4.55 0.87 1.20 15.79
NifMo 1.02 0.22 0.68 10.02
楽天モバイル 0.51 0.24 0.50 12.25
b-mobile 17.03 0.62 9.51 12.72
FREETEL SIM 7.33 6.37 7.20 8.98
mineo(D) 1.59 0.54 1.72 9.73
mineo(A) 1.21 0.56 0.96 9.70
UQ mobile 6.83 7.09 11.06 8.85
UP 8時 12時 18時 0時
OCN 2.60 5.17 3.92 5.67
BIC SIM(IIJ) 3.12 8.09 5.71 7.67
DMM mobile 7.82 5.50 8.13 2.54
BIGLOBE 2.85 4.63 3.36 3.41
NifMo 4.34 5.29 4.51 4.70
楽天モバイル 2.17 7.06 2.27 2.54
b-mobile 4.35 2.70 2.66 2.65
FREETEL SIM 3.83 6.46 4.30 3.01
mineo(D) 4.96 4.91 2.80 4.15
mineo(A) 1.53 2.07 1.97 2.80
UQ mobile 0.15 0.22 0.45 0.62

いくつかのSIMについて、気になったことなど

FREETEL SIM

10月の「10GB爆速体感キャンペーン」は終わりましたが、これからも継続的に増速していくというFREETELです。どの時間帯でも安定して速度が出ており、今オススメできる格安SIMとしては最有力候補です。

ただ、先日の発表会で、アプリによって速度を変えることもできるし今後そういったことをやるつもりだと言っていましたので、それがスピードテストに変な影響を与えないかが心配です。(主要なスピードテストアプリでは速度が出るように調整できるということなので。)

先月はiPhoneでアプリのダウンロードやアップデートにかかるパケットが無料になるSIMを発表しましたが、今後もそういった特色あるSIMを出していくとのことなので、今後も注目です。

BIC SIM (IIJ), DMM mobile

先月ほどの爆速はありませんが、今月も調子よくいい値を出しています。IIJはこれまでの実績もありますし、技術力などもかなり評価されています。

FREETELは仕様データ量によって段階的に価格が変わっていくプランですが、普通の先にデータ量を決めるプランの中ではIIJ系のSIMがオススメです。DMMは最安値宣言しており、ほかより高いということはありませんしね。

BIGLOBE

相変わらずいい値をキープしています。最近またMVNO事業に力を入れているので、今後しばらくは安泰だと思います。派手さはないですけど、地味にオススメです。

mineo

10月末でキャンペーンも終わり、かなり駆け込み申込もあったようです。そういう意味でも、今後はしばらくこむ状況は続くと思われます。まだ「遅い」というレベルではありませんが、今後の動きには注目していきたいSIMです。

b-mobile

b-mobileは悪くない数字を出しています。コツコツと設備増強や調整をしているのかもしれません。
が、体感の速度や、速度測定を開始する際の始まるまでの時間が他のSIMに比べやけに時間がかかることなどから、ちょっと不安も残ります。アプリで測定した数値だけでは判断しないほうがいいかもしれません。

UQ mobile

au端末でMVNO使うなら、やっぱりUQ mobileがいいのですね。対抗馬がmineoしかないというのもありますが、au系で使うなら、どちらかというならUQ mobileをオススメします。

まとめ

前回は全体的に安定して速くなってきているような気がしたのですが、今回は全体的に遅くなった気がします。とは言っても、前回までとは測定場所が違うので、その影響が出ているとも考えられます。
ただ、基本的にオススメできる、安定して速度の出ているSIMは変わりません。いま契約するならIIJ系かFREETELがいいと思います。時点でBIGLOBEでしょうか。

NifMoは低額通話のNifMo電話を始めましたが、それも含め「うーん」という感じです。半年前ならいざしらず、今NifMoを選ぶ理由は特にないと思います。楽天モバイルも、いろいろ一般層に売るためにやっていますが、この速度では「格安SIMは安かろう悪かろうだ」と広めているようなものです。早くなんとかしてほしいですね。

MVNOの速度はけっこう浮き沈みがあります。その時々で最新の速度測定結果は把握しておきたいですね。場所などでも変わるものなので、できれば1つの数字に一喜一憂せずに、複数の結果を眺めてなんとなくの各社の傾向を掴んでもらえばと思います。
私以外だとスマホ辞典さんが定期的に計測しているので有名です。

今後も月2回程度で測定していきたいと思っているのですが、職も失いましたし、測定場所の問題も維持費の問題もありますし、どうしようかと。au系の2つはもういいかな、とも思っています。UQ mobileの優位は今後も変わらないでしょうし。さて、どうしましょうかね。

過去の速度測定記事は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE