FREETEL World 2015 A/W 写真で見る秋冬の新製品-SAMURAIシリーズ 極 -KIWAMI-

2015年10月27日に行われたFREETELの秋冬新製品発表会、SAMURAIシリーズのフラッグシップ機「極-KIWAMI-」を触ることができたので写真で紹介していきます。

開封の儀

20151027-kiwami-1

箱からして気合が入っています。雅のときも箱はカッコ良かったですが、今回はその上を行きます。
受注生産のみのリミテッドエディションと同じ模様が描かれているのがいいですね。

20151027-kiwami-2

思わず「これより開封の儀を執り行います」と言ってしまいそうな。それくらい箱も自由に触ることができました。

20151027-kiwami-3

この箱も面白くて、上の蓋は下までちょっと足りない長さになっており、その隙間から金色が筋のように見える段差になっています。こういうのもカッコいいですね。
ここまで箱にこだわるところって他にあるでしょうか?
そういえば箱だけ先に発表した端末もありましたね。

20151027-kiwami-4

箱を開けるとそこには極-KIWAMI-が…ありません。はい。

実機を見る

20151027-kiwami-5

極-KIWAMI-は黒・白、そして受注生産の限定品となる和柄があります。通常版は39,800円ですが和柄は59,800円です。

20151027-kiwami-6

和柄は金箔入りです。これ蒔絵っぽいと思っていて、発表会の時も担当者が1回だけ「まき…和柄」と言い直したことがあって、やっぱり蒔絵みたいなものなんだろうなとは思いつつ、でも蒔絵とは言えない何かがあるのかな?と。製法が違うとかなんとかで蒔絵っぽく見えるけど蒔絵じゃないよ、とかそんなことなんでしょうか。

20151027-kiwami-7

下からみた姿はなんだか既視感があるような気もしますが、通常版は特に背面のマットと合っていていい感じです。

20151027-kiwami-8

光にあたってけっこう光ります。

20151027-kiwami-9

持ってみました。デカイですね、やはり。6インチですし。

20151027-kiwami-10

偶然持っていた雅(私物)がこれまた偶然同じ壁紙だったので並べて撮ってみました。
やっぱりデカイです。

20151027-kiwami-11

背面。
別に比べるものでもないんですが。
同じSAMURAIシリーズですが、Nexus 5とNexus 6のようにまったく兄弟感の無い感じです。

20151027-kiwami-12

私、この角度好きなんですよね。

20151027-kiwami-13

カメラ部分は出っ張ってます。ここが残念。

20151027-kiwami-14

電源ボタン周り。

20151027-kiwami-15

もう一度持ってみる。やはりデカイ。
というかアイコンがデカイ…。なんというか…4インチ5インチのスマホの表示をそのまま大きくしたような感じで、ものすごくのっぺり感があるというかでくのぼうっぽいというか…。ホームアプリなどで調整すればいいんでしょうけど、なんだかかんたんスマホのようにも見えてしまいます。うーん…。

まとめ

端末のデカさなどから、私は買ってもメインで使うことはないと思いますが、でも限定の和柄を自分で買ってじっくり触ったり写真撮ったりネタにしたいな、とは思いました。満足したら売ればいいかな、と。(限定品なので値崩れしないだろうし、むしろプレミア付くかもね。)

…と思ってたのですが、今回のタッチアンドトライで箱まで展示されており、もう半分以上開封の儀をやったような感覚です。ここでネタにもしていますし。なのでどうしようかは考え中です。予約は11月16日、発売は11月20日です。さて、どうするか…。

ところで、SAMURAIシリーズの雅と極は7月のFREETELのブロガーイベントでも試作段階のものを触らせていただいていました。そのときの写真などと比べるとまた面白いかもしれませんね。
近くて熱くて魅力を感じた! FREETELのイベントに参加してきました。 | orefolder.net

参考情報

SAMURAI|FREETEL(フリーテル)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE